火星由来の隕石にファイアーオパール

このエントリーをはてなブックマークに追加
火星由来の「ナクラ隕石」に、小さなファイアーオパールが発見された。オパールは数百万年のスケールで火星の微生物を留め保存でき、火星の環境や生命についての手がかりを与えてくれる可能性がある。

【2015年7月13日 University of Glasgow

英・グラスゴー大学の研究チームが、火星由来のナクラ(Nakhla)隕石に1.7gのオパールを発見した。研究チームが発見したのはオパールの中でも「ファイアーオパール」と呼ばれる赤、橙、黄色をした種類のもので、隕石中の二酸化ケイ素と火星の水が作用してできたものだという。隕石は数百年前に火星で起こった巨大衝突で表面から吹き飛ばされと考えられており、1911年にエジプトの町ナクラに落下したものだ。

火星
火星。赤道に沿って伸びる地形は「マリネリス峡谷」(提供:NASA)

英・グラスゴー大学のMartin Lee教授は「発見したファイアーオパールは小さなものですが、複数の理由から、とても意味のあることです」と重要性を語っている。

「まず、これまでの火星探査でオパールの存在が示唆されていましたが(参照:アストロアーツニュース「オパールの輝きは火星の水が長持ちした証拠」)、それを裏付けるように、火星由来の隕石内にオパールが含まれていることが初めて確認されました」。

「また、この種のオパールは地球上では、温泉の中やその周囲で作られるのですが、これは微生物が成長するような環境です。そのうえ、オパールは数百万年のスケールで、微生物をその中に留め保存できるのです。もし火星上に微生物が存在していたとすると、火星表面にあるオパールに保存されているかもしれません」。

「将来、火星のオパールを詳しく調べれば、火星の過去の環境や生命が存在していたかどうかなど、詳しい情報が得られるでしょう」。

関連商品

手を離した位置で鏡筒がそのまま固定される「フリーストップ式」を採用したポルタII経緯台に口径130mmの反射式鏡筒を搭載した入門者向け望遠鏡。