星ナビ11月号は「星空未来カレンダー」と「星空タイムリープ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
星空を楽しむための月刊「星ナビ」2020年11月号は10月5日(月)発売です。「星ナビ」創刊は20年前の2000年12月号。「星空タイムリープ」では、21世紀とともに歩んできた「星ナビ」の20年を振り返ります。特別綴じ込み付録「星空未来カレンダー2021-2040」は「未来」に目を向け、これから20年間に起こる見逃せない天文現象をまとめました。

【2020年10月1日 星ナビ編集部

星ナビ2020年11月号表紙

崎山義夫さんが撮影したω星団です。「必撮!南天ハイライト」では、南半球で撮影した南天の星雲・星団の魅力を紹介します。


20年をさきどり!「星空未来カレンダー2021-2040」

21世紀が始まって20年が経とうとしています。この先の20年にも、ワクワクする星空が待ち受けています。保存版特別付録「星空未来カレンダー2021-2040」で、これからの20年で見逃せない現象をチェック、天文イベントを人生計画に組み入れてみましょう。

星空未来カレンダー


星空タイムリープ 過去×未来の40年

21世紀とともに歩んできた「星ナビ」は、そのまま21世紀の天文界の歴史でもあります。過去20年間を「星ナビ」の表紙で振り返るとともに、この先20年間の主な天文現象をジャンルごとにまとめました。

星空タイムリープ


海洋生物学で探る うお座の「魚」の正体

星座は時代や作者によって様々な姿で描かれています。今回は「うお座」と「みなみのうお座」にフォーカス。海洋生物学を学ぶ小島さんが、それぞれのうお座、みなみのうお座の特徴から魚の種類の同定を試みます。

うお座の「魚」


Deepな天体写真 豪州遠征記4 必撮!南天ハイライト

「星ナビギャラリー」でお馴染みの3人によるオーストラリア遠征レポートの最終回です。南半球で見上げる星空にはηカリーナ星雲、大マゼラン雲など、すばらしい天体がひしめいています。天体撮影ファン憧れの南天の星雲・星団の魅力を座談会形式で報告します。

豪州遠征記4


星景写真テクニック ほどよく星が滲む ケンコー PRO1D プロソフトン クリア(W)

「PRO1D プロソフトン クリア(W)」は星景写真撮影のために新たに設計されたソフトフィルターです。既存のソフトフィルターの作例と見比べながら、その特徴や使用感について紹介していきます。

プロソフトン クリア


エーゲ海の風17 天馬不在のペルセウス英雄譚 ペガスス誕生と物語の変化

ギリシア神話の英雄ペルセウス。天馬ペガススに騎乗しアンドロメダ姫を救い出す姿がプラネタリウムの定番ですが、実は古典神話ではペルセウスはペガススに乗っていませんでした。時代とともに変化するギリシア神話の物語を紹介します。

エーゲ海の風17


マユコの星ナビch 突撃!ラボ訪問#3「はやぶさ」の次へ!小惑星で見る太陽系の歴史

YouTubeチャンネル「アスナロサイエンス」で情報発信を行うマユコさん。今回のゲストは「惑星科学」の研究者です。「はやぶさ2」の帰還などにより、ますます加速する小惑星の研究について紹介します。 記事のこぼれ話はYouTubeチャンネルにて!

マユコラボ3


お求めは全国の書店、またはアストロアーツオンラインショップAmazon.co.jp で。電子版も電子書籍ストア各社で配信しています。

星ナビ2020年11月号

タグ

〈関連リンク〉

関連記事