Location:

Book Reviewこだわり天文書評

金井三男さんのWebオリジナルレビューと「星ナビ」月刊ほんナビを掲載しています(不定期更新)。▼天文・宇宙関連書の最新刊リストも掲載。

旬のトピック はやぶさブラックホール

ウェブでしか読めない
金井三男のこだわり天文書評 第百五十七回(6/21)

■我々はひとりぼっちか■中国が宇宙を支配する日■小さなことにあくせくしなくなる 天文学講座

→ バックナンバー

ウェブでも読める
星ナビ「月刊ほんナビ」(原智子さん他) 星ナビ2021年6月号(6/21)

■星と星座のひみつシリーズ■藤井 旭の 星座をさがそう■星座の起源■宇宙考古学の冒険

→ バックナンバー

金井三男さん 金井 三男(かない みつお)

1974〜1989年に東京・渋谷にあった五島プラネタリウムで解説員として活躍の後、(株)東急コミュニティーにて後輩の指導・育成に携わる。現在は首都圏10か所のカルチャーセンターで毎月講演会を行っている。月刊「星ナビ」で、独自の視点から天文や宇宙を追究する「金井三男のこだわり天文夜話」を連載中。

新着レビュー

金井三男金井三男さんによる書評

星ナビ星ナビ「月刊ほんナビ」に掲載の書評(原智子さん他)

編集部オンラインニュース編集部による書評

Amazonで買う
我々はひとりぼっちか

我々はひとりぼっちか

  • 茗荷さくら 著
  • 暗黒通信団
  • 16ページ
  • 2021年5月

度々購入させてもらっている暗黒探偵団シリーズ。本書もその一冊。いやぁ、宇宙生物学、愉しいですね! 大体、なぜ地球上に生物の祖先が生まれたのだろう。それには、当然科学的理由があるはずだ。ならば、数え切れないほどの恒星と更に多数の惑星があるはずのこの大宇宙のどこかに、地球外生命体、地球上の生命とは似ても似つかない、ただ多分増殖は繰り返しているはずの“生命体”は多数いるはずに違いないという、独りよがりの信念に評者も昔からとりつかれている。その最初は、評者が生まれたころにはSF的には居た火星人。でもね、現代はあのタコ入道は、生物学的にも力学的にも居るはずがないことは熟知されている。酸素を吸って生きているばかりじゃないことは、地球上の動植物を見ても判る。だが、水については不明。昔は火星表面の筋構造が火星人製作の運河だと、ごく単純に考えたものだった。

だが、1999年5月に米国で始まった(詳細は本書で)SETI@homeも昨年3月31日でクローズとなり、その知識がなんと新型コロナウイルスの対処法研究に役立っているという。評者の身勝手な想像だが、新型コロナウイルスは未知宇宙生命体が地球に送り込み、侵略を試みているのではないだろうか? ともかく面白い!

この本を購入する Amazonで買う

Amazonで買う
中国が宇宙を支配する日 宇宙安保の現代史

中国が宇宙を支配する日 宇宙安保の現代史

  • 青木節子 著
  • 新潮社
  • 224ページ
  • 2021年3月

評者はチベット問題や香港自治問題など多くの国内問題を抱えている中国について、多大な危惧を懐いている。それらばかりでなく、台湾や日本、あるいはミャンマー、米国やロシア・北朝鮮との外交問題など、今や様々な問題を通して、この国の政権は一体何を考えているのか首を傾げざるをえない。また、東シナ海の安全や領海問題など、日本の安全保障にも大問題を生じさせている。というか、読者の皆さんもご存じのことと思うが、月や火星の領土化など、実は地球ばかりでなく、現在、中国は宇宙でも揉めているのですよ。それに今ではかつてのソ連が誇っていた宇宙支配を、今や中国が肩代わりし始めている。本書のタイトルからおわかりになるように、米露日がボヤボヤしていると、もう後数年で結着がつきそうな事態になっているのだ! 本書の著者は、筆者よりほぼ一回り若い方だが、国際法や宇宙法がご専門の法学者で、著者紹介を見ると、防衛大学校などで教鞭をおとりになった方。10年近く内閣府宇宙政策委員会の委員をなさっている方で、評者などとても足下にも及ばない博学な方だ。法学ばかりでなく、この方面の科学技術の知識も長けていることは、本書を読めばたちどころに判る。宇宙開発が夢の世界ではなく、人間の欲の世界、共産主義とか資本主義とかではなく、あぁ、これからの世界はどうなるのだろうか、暗澹たる思いに駆られてしまうのは、評者だけだろうか。ぜひお読みください。

この本を購入する Amazonで買う

Amazonで買う
小さなことにあくせくしなくなる 天文学講座 生き方が変わる壮大な宇宙の話

小さなことにあくせくしなくなる 天文学講座 生き方が変わる壮大な宇宙の話

  • 谷口義明 著
  • PHP研究所
  • 352ページ
  • 2021年3月

タイトルから推察する内容と実際のものは大違い。一言で言えば銀河天文学の本。著者のご専門が宇宙で一番大きな構造体の銀河の研究なのでそうなるわけ。ともかく、目先の生活に囚われたこの世に生きる皆さん、しばしの間、銀河間宇宙に飛び出して、銀河衝突合体や銀河の三密、流行のウイルス問題(ダークエネルギーや時間のこと)、そもそも銀河の歴史が宇宙の歴史であることに、本書で気づかされるだろう。ボヤーッとしてはいられない。

本書評で何回か取り上げさせていただいた著者にお会いして直接お話を伺ったことは、残念ながらないが、放送大学講座での面会は毎回楽しみにしていた。宇宙や天文の普及に熱心な先生だなと感じ入ったもの。それが銀河鉄道の旅に通じる。評者は近年、天文学者が天文学者になったきっかけを調べ始めた。望遠鏡で土星を眺めた途端とか、欠けた金星、悠々たる天の川、爆発する流星、みるみる内に変光するアルゴルなどなど、様態や経過は人によって様々だが、著者も幼少時を過ごされた旭川市の綺麗な夜空に憧れたという。宮沢賢治も屋根の上に上がったまま、星座早見盤に夢中になり、夕食でも降りてこなかったことが証言されている。要するに、星少年はあくせくせずにしぶといのだ。

楕円銀河にラグビーボール型とアンパン型があることも本書で初めて知り、形態の観察が「科学の始まり」であることも大切ですね。あらためて銀河に乾杯だ!

この本を購入する Amazonで買う

新刊情報

6月21日掲載

理系の「なぜ?」がわかる本

  • 小谷太郎 著
  • 青春出版社

Amazonで買う

NHK子ども科学電話相談 天文・宇宙スペシャル!

  • 本間 希樹 監修、国司真 監修、永田美絵 監修、NHK「子ども科学電話相談」制作班 編
  • NHK出版

Amazonで買う


スティーブン・ホーキング ブラックホールの謎に挑んだ科学者の物語

  • キャスリーン・クルル 著、ポール・ブルワー 著、ボリス・クリコフ イラスト、さくまゆみこ 訳
  • 化学同人

Amazonで買う

爆発する宇宙 138億年の宇宙進化

  • 戸谷友則 著
  • 講談社

Amazonで買う


別冊日経サイエンス 天文遺産 宇宙を拓いた日本の天文学者たち

  • 渡部潤一 監修、日経サイエンス編集部 編
  • 日経サイエンス

Amazonで買う

ニュートン別冊 数学でわかる宇宙 増補第2版

  • ニュートンプレス

Amazonで買う


WE EARTH 海・微生物・緑・土・星・空・虹 7つのキーワードで知る地球のこと全部

  • NOMA 著・その他、福岡伸一 監修、鈴木智順 監修、小倉ヒラク 監修、河野智謙 監修、藤井一至 監修、渡部潤一 監修、江守正多 監修、松長有慶 監修、辻信一 監修、グラフィック社編集部 編
  • グラフィック社

Amazonで買う

Newtonライト2.0 宇宙の終わり

  • ニュートンプレス

Amazonで買う


地球以外に生命を宿す天体はあるのだろうか?

  • 佐々木貴教 著
  • 岩波書店

Amazonで買う

数理は世界を創造できるか 宇宙・生命・情報の謎にせまる

  • 横倉祐貴 著、ジェフリ・フォーセット 著、土井琢身 著、瀧雅人 著、初田哲男 編、坪井俊 編
  • 東京大学出版会

Amazonで買う


改訂版 星の王子さまの天文ノート

  • 縣秀彦 著
  • 河出書房新社

Amazonで買う

マンガでわかる! 10才までに覚えたい 科学のふしぎ250

  • 高濱正伸 監修、盒狭樹 監修、川幡智佳 監修
  • 永岡書店

Amazonで買う


彼らはどこにいるのか 地球外知的生命をめぐる最新科学

  • キース・クーパー 著、斉藤隆央 訳
  • 河出書房新社

Amazonで買う

人は宇宙から来て宇宙に帰る

  • 清水健 著、吉池作衛 絵
  • 小学館スクウェア

Amazonで買う


クリストファー・ノーランの世界 メイキング・オブ・インターステラー

  • マーク・コッタ・ヴァズ 著、阿部清美 訳
  • DU BOOKS

Amazonで買う

キャリア教育に活きる! 仕事ファイル 30 宇宙の仕事

  • 小峰書店編集部 編纂
  • 小峰書店

Amazonで買う


るるぶ宇宙

  • 林公代 監修
  • JTBパブリッシング

Amazonで買う

5月20日掲載

アインシュタイン方程式を読んだら「宇宙」が見えた ガチンコ相対性理論

  • 深川峻太郎 著
  • 講談社

Amazonで買う

スペース・コロニー 宇宙で暮らす方法

  • 向井千秋 著、東京理科大学 スペース・コロニー研究センター 著
  • 講談社

Amazonで買う


[増補新版] 物理なぜなぜ事典 2 場の理論から宇宙まで

  • 江沢洋 著・編、東京物理サークル 著・編
  • 日本評論社

Amazonで買う

理科がもっとおもしろくなる Scratchで科学実験

  • 横川耕二 著、横山正 監修、阿部和広 監修、子供の科学 編
  • 誠文堂新光社

Amazonで買う


科学史事典

  • 日本科学史学会 編
  • 丸善出版

Amazonで買う

Newton別冊 最新 宇宙大図鑑220

  • ニュートンプレス

Amazonで買う


宇宙の見え方が変わる物理学入門

  • 小林晋平 著
  • ベレ出版

Amazonで買う

宇宙物理学入門 現代宇宙物理学のAからΩ

  • 伏見賢一 著
  • 大学教育出版

Amazonで買う


ソフトコンピューティング 工学的基礎および建築、ロボット、航空宇宙、交通への応用

  • 日本計算工学会 編
  • 丸善出版

Amazonで買う

4月20日掲載

ノーベル賞受賞の博士が明かした! 世界一やさしい ブラックホールの話

  • 大須賀健 監修
  • 宝島社

Amazonで買う

ネコだらけのOh!宇宙

  • イジー・ハウエル 著、渡部潤一 監修、クレア・ニコラ イラスト、石井克弥 訳
  • 化学同人

Amazonで買う


「役に立たない」研究の未来

  • 初田哲男 著、大隅良典 著、隠岐さや香 著、柴藤亮介 編
  • 柏書房

Amazonで買う

数学に魅せられて、科学を見失う 物理学と「美しさ」の罠

  • ザビーネ・ホッセンフェルダー 著、吉田三知世 訳
  • みすず書房

Amazonで買う


そこを教えてほしかった 理系の雑学

  • おもしろサイエンス学会 編
  • 青春出版社

Amazonで買う

国産ロケットH-IIAへの挑戦 日本の主力ロケット開発の軌跡

  • 山勲 著
  • 武久出版ぶQ出版センター

Amazonで買う


今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい 天文学の本

  • 山口弘悦 著、榎戸輝揚 著
  • 日刊工業新聞社

Amazonで買う

探究する精神 職業としての基礎科学

  • 大栗博司 著
  • 幻冬舎

Amazonで買う


決定版 相対性理論のすべてがわかる本

  • 科学雑学研究倶楽部 編
  • ワン・パブリッシング

Amazonで買う

科学の歳事記 どんぐりから宇宙へ

  • 渡辺政隆 著、山本美希 イラスト
  • 教育評論社

Amazonで買う


だれもが思う、空と宇宙の「なぜ?」にズバリ回答! みんなのふしぎ100 空と宇宙のふしぎ

  • 八板康麿 著
  • 偕成社

Amazonで買う

詩の中の宇宙 マーニーリウス『アストロノミカ』の世界

  • 竹下哲文 著
  • 京都大学学術出版会

Amazonで買う


未来をつくる仕事図鑑

  • 学研プラス 編
  • 学研プラス

Amazonで買う

↑ページの先頭へ