Location:

Book Reviewこだわり天文書評

金井三男さんのWebオリジナルレビューと「星ナビ」月刊ほんナビを掲載しています(不定期更新)。▼天文・宇宙関連書の最新刊リストも掲載。

旬のトピック 彗星はやぶさ宇宙論ブラックホール

ウェブでしか読めない
金井三男のこだわり天文書評 第百四十五回(6/22)

■いちばんやさしい最新宇宙■誰かに教えたくなる 科学の雑学■地磁気逆転と「チバニアン」

→ バックナンバー

ウェブでも読める
星ナビ「月刊ほんナビ」(原智子さん他) 星ナビ2020年6月号(6/22)

■星を楽しむ 星空写真の写しかた■星景写真撮影術■星空写真撮影術■都市星景撮影術■驚異!デジカメだけで月のクレーターや木星の大赤斑が撮れる■ナイト・ネイチャーフォト■夕景・夜景写真の撮り方■成澤広幸の星空撮影地105選

→ バックナンバー

金井三男さん 金井 三男(かない みつお)

1974〜1989年に東京・渋谷にあった五島プラネタリウムで解説員として活躍の後、(株)東急コミュニティーにて後輩の指導・育成に携わる。現在は首都圏10か所のカルチャーセンターで毎月講演会を行っている。月刊「星ナビ」で、独自の視点から天文や宇宙を追究する「金井三男のこだわり天文夜話」を連載中。

新着レビュー

金井三男金井三男さんによる書評

星ナビ星ナビ「月刊ほんナビ」に掲載の書評(原智子さん他)

編集部オンラインニュース編集部による書評

Amazonで買う
図解 いちばんやさしい最新宇宙
 

図解 いちばんやさしい最新宇宙

  • 三澤信也 著
  • 彩図社
  • 212ページ
  • 2020年3月
  • 978-4801304420

皆さん、2017年10月に発見されたオウムアムアをご存じでしょう? また、2019年7月に見つかったボリソフ彗星もご存じですよね。どちらも、太陽系外からの1回限りの来訪天体だったことで有名ですから。つまり、もうどちらも見かけることはできません。ボリソフ彗星の方は噴出ガスが認められましたから、その名の通り彗星でした。ですが、オウムアムアの方は、ガスを生じさせない単なる岩石棒でした。さあ、これで問題が生じました。太陽系からバイバイする時になぜ加速したのでしょう? 本書130〜132ページに書かれているように、今のところ理由は不明です。

また、地球温暖化が今や常識のように議論されていますが、一部の科学者はいまだにこれから地球は寒冷化する(特に2035年以降)と主張しています。そもそも、17〜18世紀になぜ地球全体が寒冷化し、あるいは平安時代はなぜ平安だったのでしょう? 宇宙は現在加速膨張していると言われますが、なぜなのか。宇宙にはいまだに謎がメチャクチャあり、だからこそ、評者のような毎晩夜空を見上げ、楽しいな、面白いな、幸せだなとほくそ笑んでいる変人がいるのです。本書は、そのような人にモッテコイの本、もちろん普通の人にも楽しめる本。筆者は東大教養学部卒の中学・高校の物理の先生。幼少時「宇宙の果てはどうなっているのだろう?」と疑問を持ち続け、それが今に繋がったそうだ。同感!

この本を購入する Amazonで買う 

Amazonで買う
誰かに教えたくなる 科学の雑学
 

誰かに教えたくなる 科学の雑学

  • 池田圭一 著、造事務所 編
  • 光文社
  • 282ページ
  • 2020年2月
  • 978-4334787837

同時に紹介する『いちばんやさしい最新宇宙』より広く科学全般に話題を求めた本。本当に誰かに教えたくなりますよ。評者開祖の雑学天文大百科より大百科たる由縁の本。あなた、お札が磁石に引かれるなんてご存じでした? 心臓は癌にならないわけ知っていました? バラになぜ棘があるか、なんて考えてみたことあります? イチゴが果物ではなく野菜だったなんてご存じでした? フグが自分の毒で死なないわけは? なんていうのが全て、宇宙はなぜあるの? に通じているのです。

すなわち、科学というのは全て「なぜ?」からはじまるのです。天文好きの皆さんには失礼な話ですが、昼間で北極星が見えないとき、あるいは富士山北西部の青木ヶ原樹海内のように方位磁石が利用できないところにいる場合に北を知るには? あるいはそもそも磁石の北極と方位の北極がずれていること自体、ご存じでした? 伊能忠敬が活躍した江戸時代が地磁気の最強の時代で、現在は弱まりつつあるということは? 衛星放送パラボラアンテナの方位が110度で南西に向いていること、樹木の幹にこけが生えている側が北だということはどうですか。金星が逆自転しているわけは? とか、ハトが首を振って歩くわけは? 地震発生時に竹藪に逃げろは誤り、なんていうこと、そもそも雑学ですよね。そうなんです。天文学や科学など全ての学問は、最初は雑学から出発したのです。本書は本当に面白い。サイエンスライターである著者に、乾杯!

この本を購入する Amazonで買う 

Amazonで買う
地磁気逆転と「チバニアン」 地球の磁場は、なぜ逆転するのか
 

地磁気逆転と「チバニアン」 地球の磁場は、なぜ逆転するのか

  • 菅沼悠介 著
  • 講談社
  • 258ページ
  • 2020年3月
  • 978-4065192436

こだわり天文書評なのに地磁気かよ! とお叱りになる方もおられそうだが、それは大いに間違っている。本書第5章にあるように、カギが超新星や太陽からの風なのだ。でもその前に、評者大学時代の懐かしい思い出をご紹介したい。学生の1年目、評者は地学部の先輩に連れられて、地質巡検に行った。千葉県市原市養老川沿いの露頭、関東ローム層の下に眠る新生代第三紀の崖だ。よみうりランド近くの崖でも赤土にまみれたことがあるが、いわゆる地層というものをじっくり見つめたのは、これが最初だった。と同時に、月にも地層はあるのだろうな、行ってみて調べてみたいな、と思った瞬間、地質学は天文学に繋がっているのだと信じてしまった。そうだ、両方やろうと決めた。

本書テーマのチバニアンの露頭の一つ。だからこそ、評者は本書を一気に読了した。凄く勉強になった。現在太陽活動が停滞期開始か? と考えられているこの時期に、地層の国際名にチバニアンが認められた。日本人として凄いことではありませんか! ベテルギウスの超新星爆発は空振りに終わるかも、だが、次には現在も低調な太陽活動による小氷河期到来もあるかもしれない、こんな時代に地質学と天文学、面白いですね。チバニアン関係者だけでなく、ぜひ多数の皆さんが、やがて来る地磁気逆転器に関心をお持ちになって、本書を熟読玩味の上、市原市まで足を伸ばしていただきたい。

この本を購入する Amazonで買う 

新刊情報

6月22日掲載

マンガで学ぶ 重力 グラヴィティ・エクスプレス

  • チョ・ジンホ 著、金重明 訳
  • マイナビ出版
  • 978-4839970482

Amazonで買う 

宇宙の始まりに何が起きたのか ビッグバンの残光「宇宙マイクロ波背景放射」

  • 杉山直 著
  • 講談社
  • 978-4065204931

Amazonで買う 


眠れなくなるほど面白い 図解 最新 宇宙の話

  • 渡部潤一 監修
  • 日本文芸社
  • 978-4537218107

Amazonで買う 

相対論と宇宙の事典

  • 安東正樹 編、白水徹也 編
  • 朝倉書店
  • 978-4254131284

Amazonで買う 


Newton 大図鑑シリーズ 宇宙大図鑑

  • ニュートンプレス
  • 978-4315522426

Amazonで買う 

怖くて眠れなくなる地学

  • 左巻健男 著
  • PHP研究所
  • 978-4569846965

Amazonで買う 


はじめて学ぶ大学教養地学

  • 杉本憲彦 著、杵島正洋 著、松本直記 著
  • 慶應義塾大学出版会
  • 978-4766426625

Amazonで買う 

ビジュアル大図鑑 宇宙探査の歴史

  • ロジャー・D・ローニアス 著、柴田浩一 訳
  • 東京堂出版
  • 978-4490210224

Amazonで買う 


宇宙の謎に迫る

  • 太田猛彦 監修、藤嶋昭 監修
  • 学研プラス
  • 978-4054067776

Amazonで買う 

潜入!天才科学者の実験室 1 宇宙にはじまりはある?ニュートンほか

  • 佐藤文隆 著・編、くさばよしみ 著、たなべたい イラスト
  • 汐文社
  • 978-4811326733

Amazonで買う 


ブラックホール撮影成功までの記録 アインシュタインの影

  • セス・フレッチャー 著、渡部潤一 監修、沢田博 訳
  • 三省堂
  • 978-4385360997

Amazonで買う 

そうたいせいりろん for babies

  • クリス・フェリー 著、村山斉 訳
  • サンマーク出版
  • 978-4763138088

Amazonで買う 

5月20日掲載

COSMOS コスモス いくつもの世界

  • アン・ドルーヤン 著、臼田-佐藤功美子 監修、ナショナル ジオグラフィック 編、藤井留美 訳
  • 日経ナショナルジオグラフィック社
  • 978-4863134836

Amazonで買う 

90分でブラックホールがわかる本

  • 福江純 著、カサハラテツロー イラスト
  • 大和書房
  • 978-4479393443

Amazonで買う 


世界でいちばん美しい 夜空と星たちの物語

  • MdN編集部 編
  • エムディエヌコーポレーション
  • 978-4844369844

Amazonで買う 

いつになったら宇宙エレベーターで月に行けて、3Dプリンターで臓器が作れるんだい!? 気になる最先端テクノロジー10のゆくえ

  • ケリー・ウィーナースミス 著、ザック・ウィーナースミス 著、中川泉 訳
  • 化学同人
  • 978-4759820355

Amazonで買う 


はじめてのちきゅうえほん

  • てづかあけみ 著、斎藤紀男 監修
  • パイインターナショナル
  • 978-4756253316

Amazonで買う 

生物はなぜ誕生したのか 生命の起源と進化の最新科学

  • ピーター・ウォード 著、ジョゼフ・カーシュヴィンク 著、梶山あゆみ 訳
  • 河出書房新社
  • 978-4309467177

Amazonで買う 

4月20日掲載

高校生からの天文学 驚異の太陽 太陽風やフレアはどのように起きるのか

  • 鈴木建 著
  • 日本評論社
  • 978-4535788633

Amazonで買う 

宇宙と安全保障 軍事利用の潮流とガバナンスの模索

  • 福島康仁 著
  • 千倉書房
  • 978-4805112045

Amazonで買う 


Newton別冊 138億年の大宇宙 改訂第2版

  • ニュートンプレス
  • 978-4315522334

Amazonで買う 

深宇宙ニュートリノの発見 宇宙の巨大なエンジンからの使者

  • 吉田滋 著
  • 光文社
  • 978-4334044725

Amazonで買う 


ゼロからはじめる力 空想を現実化する僕らの方法

  • 堀江貴文 著
  • SBクリエイティブ
  • 978-4815604134

Amazonで買う 

ホーキング、ブラックホールを語る

  • スティーヴン・W・ホーキング 著、佐藤勝彦 監修、塩原通緒 訳
  • 早川書房
  • 978-4150505578

Amazonで買う 


図解 いちばんやさしい最新宇宙

  • 三澤信也 著
  • 彩図社
  • 978-4801304420

Amazonで買う 

これからはじまる 科学技術プロジェクト

  • エイ出版社編集部 編
  • エイ出版社
  • 978-4777958863

Amazonで買う 


太陽のひみつシリーズ 日食と月食

  • 藤井旭 監修
  • ほるぷ出版
  • 978-4593588497

Amazonで買う 

見たい、知りたい、ためしたい 科学者になろう!

  • スティーブ・モールド 著、後藤真理子 訳
  • 化学同人
  • 978-4759820188

Amazonで買う 

↑ページの先頭へ