Location:

Book Reviewこだわり天文書評

金井三男さんのWebオリジナルレビューと「星ナビ」月刊ほんナビを掲載しています(不定期更新)。▼天文・宇宙関連書の最新刊リストも掲載。

旬のトピック 宇宙論系外惑星はやぶさブラックホール

ウェブでしか読めない
金井三男のこだわり天文書評 第百三十七回(10/21)

■繰り返す天変地異■エイリアン■宇宙はなぜ哲学の問題になるのか■世界の神話

→ バックナンバー

ウェブでも読める
星ナビ「月刊ほんナビ」(原智子さん他) 星ナビ2019年10月号(10/21)

■人類、宇宙に住む■ヤバい「宇宙図鑑」■宇宙飛行士に聞いてみた!■キュリオシティ

→ バックナンバー

金井三男さん 金井 三男(かない みつお)

1974〜1989年に東京・渋谷にあった五島プラネタリウムで解説員として活躍の後、(株)東急コミュニティーにて後輩の指導・育成に携わる。現在は首都圏10か所のカルチャーセンターで毎月講演会を行っている。月刊「星ナビ」で、独自の視点から天文や宇宙を追究する「金井三男のこだわり天文夜話」を連載中。

新着レビュー

金井三男金井三男さんによる書評

星ナビ星ナビ「月刊ほんナビ」に掲載の書評(原智子さん他)

編集部オンラインニュース編集部による書評

Amazonで買う
繰り返す天変地異 天体衝突と火山噴火に揺さぶられる地球の歴史
 

繰り返す天変地異 天体衝突と火山噴火に揺さぶられる地球の歴史

  • マイケル・R・ランピーノ 著、小坂恵理 訳
  • 化学同人
  • 18.8×12.8cm、288ページ
  • 2019年8月
  • ISBN 978-4759820096

本書は、評者が今までに読んだ本で、最も優れた恐竜絶滅に関する本である。正しくは地質学書と申し上げたいところだが、彗星シャワーか大隕石衝突と来れば、これは従来の地質学ではなく、正しく天文学でしょう。にもかかわらず、本書を完読するのは大変で、データが大量なため、読みまくりメモをしまくり、パソコンに入力し、合間に掃除洗濯、買い物家事(おっかない金井の家内は保育士で働いているため)、その他カルチャーセンターでの配付資料作りと強烈な忙しさの中で、最後の一行を読み終えた瞬間、万歳三唱!

本書をもって、従来の地質学は壊滅した。生物の大量絶滅もライエルやダーウィンの単純な進化論(自然選択説)も絶滅し、アルバレスの仮説(天変地異説)がほぼ確立したと言うことができる。つまり、少なくとも5億年前から繰り返し起こった生物の種段階の大量絶滅は、何らかの天体の衝突によるものであることが確立したと言って良い。その意味で、本書は歴史的な科学書なのだ。ニューヨーク大学の生物学教授でNASAのコンサルタントを務める著者は、その意味で現代を代表する科学者である。読むだけなら220ページしかないから簡単。だがメモし始めたら、さっき申し上げたように大変である。覚悟されたし。巻末の参考文献の量も、実に46ページ626冊。幸いにもごく一部は翻訳出版されているがほとんど英文。ともかく本書は大変な本なのだ! もちろん、お勧めします!

この本を購入する Amazonで買う 

Amazonで買う
エイリアン 科学者たちが語る地球外生命
 

エイリアン 科学者たちが語る地球外生命

  • ジム・アル=カリーリ 著・編、斉藤隆央 訳
  • 紀伊國屋書店
  • 19.6×14cm、340ページ
  • 2019年8月
  • ISBN 978-4314011709

エイリアン(ALIENS)と聞けば、1979年公開の20世紀フォックス製作の映画のイメージが強すぎて、かつスマホ検索でも💀マークなどが出てきて、本書で英語本来の起源を知ろうと一生懸命探し回ったが、遂に登場しなかった。困ったあげく我が家の英語大辞典を引くと、あっさり外国人・異国人とあるだけ。ポカーン! だった。ただそれだけ。

しかし、おかげさまで本書からありがたーい知識を戴くことができた。エイリアンはもしかすると、いわゆる有機体ではないかもしれないのだ。つまり、無機物。とくに衛星タイタンの海、液体メタンの中に暮らしているかもしれない、水素をアセチレンと共に消費する未確認生物も、これからは生物と認定せざるをえなくなるかもしれない。水を重要な生命環境要素とする地球が、もしかすると当たり前の宇宙生物の生息地ではなくなるかもしれないのだ。1995年以来、メチャクチャ見つかってきている系外惑星の中には、驚くべき形の生物がイルカもしれないとなると、地球上の宗教や思想はトンデモナイ変革を要求されることになりそうだ、というのが、本書を学んだ率直な感想である。

日本海を挟んではいるが国境を接する隣国群が、評者にはかくも理解不能に近い状態であることも、もしかすると宇宙では当たり前なのかもしれない。というわけで、本書は様々なことに考えを至らせてくれるありがたい本。評者にとっては、バイブルのような本になった。

この本を購入する Amazonで買う 

Amazonで買う
宇宙はなぜ哲学の問題になるのか
 

宇宙はなぜ哲学の問題になるのか

  • 伊藤邦武 著
  • 筑摩書房
  • 17.2×10.6cm、237ページ
  • 2019年8月
  • ISBN 978-4480683564

評者は、半世紀前の学生時代からその授業中に「哲学者は宇宙をどう捉えているのだろう?」と疑問に思い、参考書を探し続けてきた。本書と出会って、遂にその思いが成就した。なぜかと言えば、科学者が言う宇宙=哲学者が言う世界だからだ。本書では、それがすべて宇宙に統一されており、おまけに最終章の第三章では、宇宙人が持っているかもしれない知性まで語られている。

カルチャーセンターでの受講生の中にも、大学で哲学を専攻したという方々がおられ、それをもってしても、哲学がいかに宇宙と結びついているかが判るというもの。だってそうでしょう、古代ギリシャ哲学の祖プラトン(本書第一章をお読みください)のコスモス論や、あのデカルトもニュートンも、かつては(自然)哲学者と呼ばれ、カントに至っては「カント・ラプラス説」と呼ばれる太陽系成因論まで作ってしまったのだから。カントについては、本書第二章に詳細に語られている。

だが、その後のとくに日本人哲学者の著書には、なぜか一向に宇宙観が見当たらない。日本人には宇宙論や天文学は向いていないのかもと、これまで思ってきたほどだ。そこに本書の登場。だから、次回の講座時に、哲学専攻の方々に本書をお勧めしようと目論見中。

日本の哲学者を名乗る皆さんにも、もちろん他の方々にも本書の精読をお勧めします。

この本を購入する Amazonで買う 

Amazonで買う
世界の神話
 

世界の神話

  • 沖田瑞穂 著
  • 岩波書店
  • 17.4×10.6cm、240ページ
  • 2019年8月
  • ISBN 978-4005009022

本書評を一番に読んでもらいたいのがプラネタリウム解説員だということを、前から申し上げてきたように、プラネタリウムに夜空を堪能しに来る多くのお客様には、本当は本当の夜空で星と語らって戴きたいところなのだが、多分一番なじみ深いのがギリシャ神話だと、野尻抱影先生以来信じられてきた。と言っても、星を相手にギリシャ神話を大声で話しても、多分声は届かないし、星や宇宙人たちはチンプンカンプンだろうし、仕方ないからプラネタリウム来館者の皆さんに聞いてもらうのが一番に違いない。

だが本書は、ギリシャ神話は第四章の30ページのみで、全体の230ページ弱はインド/メソポタミア・エジプト・アフリカ・ケルト・北欧・インドネシア・中国・オセアニア・中南米と北米、そして古事記の神話と、正しく世界の神話である。とくに本書著者のご専門インド神話は圧巻。プラネタリウム社会で生きてきた評者にとっては、まさに初耳学だった。

共通することは、神話が神様から語られたものではなく、それぞれ独特の世界観・環境観・生活観から形成されたことが明確に判る。すなわち人間が創ったものだということ。だってそうでしょう? 人が生まれ、社会が形成され、人々の共通話題の中から、宗教が生まれたのだから。善悪観も民族によって異なることになったのだ。本書を読むと、天国(極楽)や地獄すら、民族によって全く異なることが判りますよ。お勧めします。

この本を購入する Amazonで買う 

新刊情報

10月21日掲載

シリーズ現代の天文学17 宇宙の観測III 高エネルギー天文学

  • 井上一 編、小山勝二 編、高橋忠幸 編、水本好彦 編
  • 日本評論社
  • ISBN 978-4535607675

Amazonで買う 

宇宙の謎 暗黒物質と巨大ブラックホール

  • 二間瀬敏史 著
  • さくら舎
  • ISBN 978-4865812206

Amazonで買う 


月のこよみ 2020 366日の月の満ち欠けがわかる

  • 相馬充 監修
  • 誠文堂新光社
  • ISBN 978-4416719404

Amazonで買う 

世界でいちばん素敵な月の教室

  • 浦智史 監修、日本星景写真協会 写真、NASA 写真
  • 三才ブックス
  • ISBN 978-4866731544

Amazonで買う 


星・星座のクイズ図鑑 新装版

  • 藤井旭 監修
  • 学研プラス
  • ISBN 978-4052050404

Amazonで買う 

星空手帖 2020

  • 星の手帖社 編、吉村禎夫 イラスト
  • 星の手帖社
  • ISBN 978-4902450484

Amazonで買う 


「宇宙」紙ヒコーキ

  • 戸田拓夫 監修
  • 宝島社
  • ISBN 978-4800297686

Amazonで買う 

みんなが知りたい! 宇宙のひみつがわかる本

  • 永田晴紀 監修
  • メイツ出版
  • ISBN 978-4780422429

Amazonで買う 


SPACE SHUTTLE 美しき宇宙を旅するスペースシャトル写真集

  • ルーク・ウェズリー・プライス 著、柳川孝二 監修
  • 玄光社
  • ISBN 978-4768312384

Amazonで買う 

天体観測手帳2020

  • 早水勉 著
  • 技術評論社
  • ISBN 978-4297107048

Amazonで買う 


時間は存在しない

  • カルロ・ロヴェッリ 著、冨永星 訳
  • NHK出版
  • ISBN 978-4140817902

Amazonで買う 

9月20日掲載

月はすごい 資源・開発・移住

  • 佐伯和人 著
  • 中央公論新社
  • ISBN 978-4121025609

Amazonで買う 

宇宙マイクロ波背景放射 新天文学ライブラリー6

  • 小松英一郎 著
  • 日本評論社
  • ISBN 978-4535607453

Amazonで買う 


宇宙の終わりってどうなるの? 超図解!宇宙のしくみと最新宇宙論がよくわかる

  • 佐藤勝彦 監修
  • 誠文堂新光社
  • ISBN 978-4416619353

Amazonで買う 

Why? おしえて!ロケットと宇宙船

  • ファン・クンギ 著、渡部勝巳 監修、キム・ソンレ イラスト
  • 世界文化社
  • ISBN 978-4418188284

Amazonで買う 


Why? 星と星座のふしぎ

  • パピルス 著、永田美絵 監修、イ・ドゥウォン イラスト
  • 世界文化社
  • ISBN 978-4418198139

Amazonで買う 

宇宙飛行士はどうやってウンチをするの? 宇宙への興味が無限に広がる雑学50

  • キッズトリビア倶楽部 著、加藤のりこ イラスト
  • えほんの杜
  • ISBN 978-4904188552

Amazonで買う 


エイリアン 科学者たちが語る地球外生命

  • ジム・アル=カリーリ 著・編、斉藤隆央 訳
  • 紀伊國屋書店
  • ISBN 978-4314011709

Amazonで買う 

ホーキング博士が教えてくれた! 知らなきゃよかった宇宙の話

  • 高水裕一 著
  • 主婦の友社
  • ISBN 978-4074385706

Amazonで買う 


宇宙兄弟リアル

  • 岡田茂 著、JAXA 著
  • 講談社
  • ISBN 978-4065141946

Amazonで買う 

図説 一冊でわかる! 最新宇宙論

  • 縣秀彦 著
  • 学研プラス
  • ISBN 978-4054067400

Amazonで買う 


プリンシピア 自然哲学の数学的原理 第3編 世界体系

  • アイザック・ニュートン 著、中野猿人 訳
  • 講談社
  • ISBN 978-4065166574

Amazonで買う 

JSEC junior Vol.3 これからの宇宙開発

  • 朝日新聞社教育総合本部 編
  • 朝日新聞出版
  • ISBN 978-4021101014

Amazonで買う 

8月20日掲載

原理と直観で読み解く 量子系の物理 素粒子から宇宙まで

  • Bogdan Povh 著、Mitja Rosina 著、園田英徳 訳、石川隆 訳
  • 森北出版
  • ISBN 978-4627156524

Amazonで買う 

ヤバいほど面白い! 理系のネタ100

  • おもしろサイエンス学会 編
  • 青春出版社
  • ISBN 978-4413097291

Amazonで買う 


星を楽しむ 星空写真の写しかた 星、月、星座、流れ星、うつくしい星空を素敵に撮る

  • 大野裕明 著、榎本司 著
  • 誠文堂新光社
  • ISBN 978-4416520031

Amazonで買う 

ちきゅう 45おく4,000まんねんの おもいで

  • ステイシー・マカナルティー 著、デイビッド リッチフィールド イラスト、千葉茂樹 訳
  • 小学館
  • ISBN 978-4097268253

Amazonで買う 


繰り返す天変地異 天体衝突と火山噴火に揺さぶられる地球の歴史

  • マイケル・R・ランピーノ 著、小坂恵理 訳
  • 化学同人
  • ISBN 978-4759820096

Amazonで買う 

宇宙はなぜ哲学の問題になるのか

  • 伊藤邦武 著
  • 筑摩書房
  • ISBN 978-4480683564

Amazonで買う 


14歳からの宇宙論

  • 佐藤勝彦 著
  • 河出書房新社
  • ISBN 978-4309417004

Amazonで買う 

宇宙六法

  • 青木節子 編、小塚荘一郎 編
  • 信山社
  • ISBN 978-4797270310

Amazonで買う 


天体写真撮影テクニック 星景写真撮影術 改訂版

  • 星ナビ編集部 編
  • KADOKAWA
  • ISBN 978-4048997058

Amazonで買う 

マックス 宇宙ステーションへ行く 犬のマックスとの科学冒険

  • ジェフリー・ベネット 著、マイケル・キャロル イラスト、紺野市四郎 訳、的川泰宣 序文
  • 勉誠出版
  • ISBN 978-4585240105

Amazonで買う 


アンドロメダ銀河のうずまき 銀河の形にみる宇宙の進化

  • 谷口義明 著
  • 丸善出版
  • ISBN 978-4621304075

Amazonで買う 

今いる仲間でうまくいく 宇宙兄弟 チームの話

  • 長尾彰 著
  • 学研プラス
  • ISBN 978-4054067226

Amazonで買う 


ゼロからわかる宇宙防衛

  • 大貫剛 著
  • イカロス出版
  • ISBN 978-4802207348

Amazonで買う 

宇宙建築II Uzumarch, 火星居住施設

  • TNL 著、十亀昭人 編、土谷純一 企画・構成
  • 東海大学出版部
  • ISBN 978-4486021933

Amazonで買う 


ユニバース2.0 実験室で宇宙を創造する

  • ジーヤ・メラリ 著、青木薫 訳、坂井伸之 解説
  • 文藝春秋
  • ISBN 978-4163910659

Amazonで買う 

日本の星空ツーリズム 見かた・行きかた・楽しみかた

  • 縣秀彦 著、編
  • 緑書房
  • ISBN 978-4895313780

Amazonで買う 


人気プラネタリウム・クリエーターが作った 世界一美しい星空の教科書

  • 大平貴之 著
  • 宝島社
  • ISBN 978-4800296887

Amazonで買う 

↑ページの先頭へ