冥王星がいて座で衝

このエントリーをはてなブックマークに追加
7月6日、冥王星がいて座で衝となる。14等と暗いが検出や撮影に挑戦してみよう。14日に冥王星に最接近する探査機「ニューホライズンズ」の観測も楽しみだ。

星図

7月6日、準惑星の冥王星がいて座の方向で衝となる。太陽-地球-冥王星がまっすぐに並び、一晩中地平線上にあるものの、明るさは14等で観察には大口径の天体望遠鏡が必要だ。

かつて太陽系の最も外側の惑星だった冥王星は、恒星に対する動きがとても遅く2010年代の間はいて座の方向に位置している。7月には探査機「ニューホライズンズ」が接近し、史上初の冥王星探査を行う予定となっている。

関連リンク