JWST、鏡が揃って試験観測の結果は上々

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の主鏡を構成するミラーセグメント18枚の向きを調整する作業が終わり、期待どおりに光を集められるようになった。

【2022年3月25日 NASA

昨年12月に打ち上げられたNASAのジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)の主鏡の直径は6.5mもあり、そのままではロケットに搭載できない。そこで、六角形をしたベリリウム製ミラーセグメントに18分割の上、折りたたまれた状態で宇宙に送り込まれた。JWSTは主鏡などを展開しながら2月にラグランジュ点L2付近の最終軌道に入り、ミラーセグメントの向きを調整する作業が続けられていた。

3月11日に、ミラーセグメントの向きの誤差を測定して微調整を行う作業が完了した。JWSTチームは、全ての光学パラメータが期待通りかそれ以上の性能を発揮していることや、望遠鏡の光路を遮るものがないことを確認している。これでJWSTでは、主要な撮像装置である近赤外線カメラ「NIRCam」と望遠鏡の鏡が完全に連携するなど、光学系動作に関わる重要な段階が完了した。

「私たちは望遠鏡の全ての鏡を星に向けて焦点を合わせましたが、仕様を上回るほどのパフォーマンスを発揮しています。これが科学において意味することを考えるとワクワクします。私たちは作るべき望遠鏡を作ったのだと確信できます」(JWST光学望遠鏡要素副責任者 Ritva Keski-Kuhaさん)。

JWSTが撮影した恒星「2MASS J17554042+6551277」
JWSTがアラインメント評価のために試験的に撮影した、りゅう座の恒星「2MASS J17554042+6551277」。背景には銀河も写っている(提供:NASA/STScI、以下同)

また、JWSTの新たな「自分撮り」画像も公開された。同画像は、今年の2月に公開されたものと同様に、主鏡のミラーセグメントを撮影できるように設計されているNIRCam内の特別なレンズを使って得られたものだ。今回は、18枚のミラーセグメント全てが、同じ星から一斉に光を集めていており、明るく輝いている。

新たな主鏡の「自撮り」画像
新たな主鏡の「自撮り」画像。18枚のミラーセグメントの全てが同じ星からの光を集めて明るく輝いている

今後JWSTチームは5月上旬までに、残りの調整作業を完了させる予定だ。その後は約2か月間かけて、科学観測機器の準備が行われる。JWSTの初観測画像や初科学観測データがリリースされるのは今夏となる。

ミラーセグメントの微調整段階である「ファイン・フェイジング」の完了に関する動画「NASA’s Webb Reaches Alignment Milestone, Optics Working Successfully」(提供:Music Credit: Emerging Discovery Instrumental by Carter / Universal Production Music、Video Credit: NASA's Goddard Space Flight Center)

〈参照〉

〈関連リンク〉