「はやぶさ」のカプセルを夏休みに関東各地で展示

【2010年7月9日 JAXA

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、7月末から8月にかけて、6月13日に地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルの一部などを、相模原、筑波、東京で展示することを発表した。


(カプセルの断面図)

「はやぶさ」カプセルの断面図。クリックで拡大(提供:JAXA、以下同様)

ヒートシールドの回収作業のようす

ヒートシールド回収作業のようす。6月15日オーストラリア・ウーメラにて。クリックで拡大

60億kmの旅の果てに「はやぶさ」が地球に持ち帰ったカプセルが、7月30日、31日の神奈川・相模原市立博物館での公開を皮切りに、茨城・筑波宇宙センター、東京・丸の内のJAXA i(ジャクサ・アイ)付近で展示される。

「はやぶさ」が小惑星イトカワに着陸したのは2005年。それから5年かけて「はやぶさ」が地球に持ち帰りオーストラリアに投下したカプセルに、イトカワの物質が入っているかどうか、現在JAXA相模原キャンパスのキュレーションセンターで慎重な調査が行われている。

今回公開されるのは、「ヒートシールド」と呼ばれる、大気圏突入の際に生じる熱からカプセル本体を守る部分などだ。このヒートシールドは、着陸時にはカプセル本体から離れた場所で発見され、6月15日(大気圏突入の2日後)に回収された。

「はやぶさ」がもたらした科学的・技術的成果や、トラブルに見舞われながらも帰還を実現させた研究者たちの熱意などに親子で思いをはせ、語り合うことで、忘れられない夏の思い出ができるだろう。

※すべての展示において展示期間や展示物は変更される場合があります。

※当日は大変な混雑が予想されており、主催側では、暑さ対策(帽子や飲み物などの持参)や、スムーズな展示見学のための協力を呼びかけている。詳細はISAS「はやぶさ」カプセル展示の「見学のみなさまへ、ご注意とお願い」をご覧ください。

《「はやぶさ」カプセル展示開催概要》

相模原会場

■場所:
相模原市立博物館アクセス
当日はJR淵野辺駅より直通バスあり
■日時:
7月30日(金)、31日(土) 9:30〜17:00
■展示物:
前面ヒートシールド、背面ヒートシールド
その他、カプセル関係物品
■備考:
同施設内で「HAYABUSA 〜Back to the Earth〜」上映中
当日は隣接のJAXA相模原キャンパス特別公開イベント「宇宙のナゾを見つけに行こう!」を開催

筑波会場

■場所:
JAXA筑波宇宙センターアクセス
■日時:
8月2日(月)〜6日(金) 10:00〜17:00
■展示物:
前面ヒートシールド、背面ヒートシールド(8月2日、3日のみ)
その他、カプセル関係物品

丸の内会場

■場所:
丸の内JAXA i付近 丸ノ内オアゾ1階「○○広場(おおひろば)」(アクセス
■日時:
8月15日(日)〜19日(木) 8:00〜20:00
※7:00より整理券配布
■展示物:
前面ヒートシールド、背面ヒートシールド(8月15日、16日のみ)
その他、カプセル関係物品
■備考:
期間中「JAXA i サマーウィーク」イベント実施
(8月15日「おかえり、はやぶさ」トークショー等)

<参照>

<関連リンク>

<関連ニュース>

<関連商品>