月刊星ナビ 2010年8月号

特別定価:1,008円(税込)  送料:150円

紹介ニュースを読む

完売しました。

バックナンバー一覧定期購読のご案内


2010年8月号 表紙

表紙画像:クリックで拡大

おかえりなさい、「はやぶさ」

6月13日22時52分(日本時間)ごろ。南オーストラリアの空に大小ふたつの動く光点が現れる。みるみるうちに明るくなり明るいほうは分裂し、青そして色を変えながら爆発的に輝く。先頭のひとつの光点だけはしっかりと生き残っていたが、それもやがては暗く見えなくなった。この間、およそ40秒。「はやぶさ」本体の物質は地球へと還り、そしてカプセルだけが人類のもとへと帰ってきた。

デジタル星景写真入門 最新デジカメで星空の心象風景を写そう

作画の独自性や美しさにこだわり、地上の景色とともに星空を写し込んだ天体写真が、「星景写真」というジャンルとして確立して久しい。デジタルカメラの高性能化により、銀塩フィルムとは異なる撮影技法が編み出され、新たな世界が広がり始めている。この夏は、最新のデジタルカメラを持って、星景写真の撮影に出かけてみよう。

標高世界一の天文台建設に挑むTAOプロジェクト 解説/吉井 讓、三谷夏子

南米チリ北部アタカマ砂漠、チャナントール山頂(標高5640m)。ここに標高世界一のTAO観測所がある。2009年3月に口径1mの赤外線望遠鏡が完成し、将来に向けて口径6.5mの大型赤外線望遠鏡建設計画の第一歩を大きく踏み出した。

この夏、ステラナビゲータがスタイル一新!

PC用の天文シミュレーションソフトであるステラナビゲータが、4年ぶりにメジャーバージョンアップするべく、準備が進められている。どのような新機能の搭載や機能強化が図られているのか、その概要を紹介しよう。

パオナビ 夏のイベントスペシャル
■
「はやぶさ」おかえり
撮影/大川拓也
■
初めての星景写真
■
ステラナビゲータVer.9へ
■
夏のイベントスペシャル
■
柏原麻実先生講演会

News Watch

★コーナー連載


お詫びと訂正


星ナビ.comトップページへ