2022年5月の星空

3月ごろから続く明け方の惑星集合は後半を迎える。まず月初めは金星と木星の大接近に注目。明るい2惑星が、半月の見かけ幅ほどの間隔にまで近づく光景は必見だ。大型連休中に早起きして眺めよう。連休の終わりごろにはみずがめ座η流星群も活動する。流れ星と惑星たちとの共演も見えるかもしれない。

木星は月末には火星と大接近するので、1か月間の推移を追うのも楽しそうだ。また、明けの明星の金星27日に細い月と接近し、沖縄などでは同日の昼過ぎに金星食が起こる。

星空の世界では北斗七星が北の空に高く上っている。その取っ手のカーブから春の大曲線をたどり、さらに春の大三角も見つければ、主な名所をひと巡りといったところだ。りょうけん座やからす座など、周囲の小星座も探してみよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

全天星図

全天星図

東京で15日の20時ごろ、南に向かって見上げたときの星空です。月初は21時ごろ、月末は19時ごろに同じような星空になります。
大阪では約20分後、福岡では約40分後に同様の星空になります。


主な天文現象

1日ごろ 金星と木星が大接近
2日(月) 細い月と水星が接近
6日(金) みずがめ座η流星群が極大
15日(日) てんびん座α2星ズベンエルゲヌビの食
16日(月) 皆既月食(南北アメリカ・ヨーロッパ・アフリカ)
17日(火) さそり座δ星ジュバの食
18日ごろ 火星と海王星が大接近
25日(水) 月と火星が接近
27日(金) 細い月と金星が接近
27日(金) 金星食
30日ごろ 火星と木星が大接近
カレンダー(月齢と天文現象)

惑星

水星

上旬 中旬 下旬
等級 1.2 3.7 4.8
視直径 9.2″ 11.5″ 12.2″
星座 おうし おうし おうし

現象

金星▶ 特集ページ

上旬 中旬 下旬
等級 -4.1 -4.0 -4.0
視直径 16.2″ 15.1″ 14.2″
星座 うお うお うお

火星

上旬 下旬
等級 0.8 0.7
視直径 5.8″ 6.3″
星座 みずがめ うお

木星

上旬 下旬
等級 -2.1 -2.2
視直径 35.1″ 36.7″
星座 うお うお

土星

上旬 下旬
等級 0.8 0.8
視直径 16.6″ 17.2″
星座 やぎ やぎ

現象

  • 7日 小惑星ベスタと最接近
  • 21日 西矩

天王星・海王星

天王星(中旬)海王星(中旬)
等級 5.9 7.9
視直径 3.4″ 2.2″
星座 おひつじ うお