2021年7月の星空

今月は宵の明星の金星が、夕空で様々な天体と接近していく。かに座のプレセペ星団(最接近3日ごろ)月齢2の細い月と火星(12日)火星(最接近13日ごろ)しし座のレグルス(最接近22日ごろ)、という順番だ。月以外はどれも夕空で見るには少し暗めだが、金星が目印になるので位置の見当はつけやすい。西の空の見晴らしが良い場所で、双眼鏡を向けてみてほしい。

宵空にはヘルクレス座やさそり座、ベガ(織女星)とアルタイル(牽牛星)などが見え、夏の訪れが感じられる。梅雨の晴れ間や梅雨明けに、星をたどったり探したりしたい。深夜になれば土星木星も姿を現す。夜更かしできる日があれば、天体望遠鏡で環や模様や衛星をじっくり観察してみよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

全天星図

全天星図

東京で15日の20時ごろ、南に向かって見上げたときの星空です。月初は21時ごろ、月末は19時ごろに同じような星空になります。
大阪では約20分後、福岡では約40分後に同様の星空になります。


主な天文現象

3日ごろ 金星とプレセペ星団が大接近
5日(月) 水星が西方最大離角
8日(木) 細い月と水星が接近
12日(月) 細い月と金星、火星が接近
13日ごろ 金星と火星が大接近
22日ごろ 金星とレグルスが大接近
24日(土) 月と土星が接近
30日ごろ 火星とレグルスが大接近
30日(金) みずがめ座δ南流星群が極大

惑星

水星

上旬 中旬 下旬
等級 0.4 -0.6 -1.5
視直径 7.9″ 6.3″ 5.3″
星座 おうし ふたご ふたご

金星▶ 特集ページ

火星

木星▶ 特集ページ

上旬 下旬
等級 -2.7 -2.8
視直径 45.8″ 47.9″
星座 みずがめ みずがめ

現象

土星▶ 特集ページ

上旬 下旬
等級 0.4 0.2
視直径 18.4″ 18.6″
星座 やぎ やぎ

天王星・海王星

天王星(中旬)海王星(中旬)
等級 5.8 7.9
視直径 3.5″ 2.3″
星座 おひつじ みずがめ

現象