「はやぶさ」のカプセルから、多数の微粒子が見つかった

【2010年10月8日 宇宙科学研究所(ISAS)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、小惑星探査機「はやぶさ」のサンプルコンテナの中から100個ほどの微粒子が見つかったと発表、微粒子をとらえた電子顕微鏡画像を公開した。


(採取された微粒子の電子顕微鏡画像)

採取された微粒子の電子顕微鏡画像と説明文。クリックで拡大(撮影:JAXA)

JAXA相模原キャンパス内に設置されたキュレーションセンター(試料の受入、処理、保管を行う施設)では、6月末から小惑星探査機「はやぶさ」のサンプルコンテナの開封、およびサンプルの採取作業が進められてきた。

各種報道によると、採取は幅5mmのテフロン製のヘラを使ってサンプルキャッチャー内からぬぐいとるようにして行われたとのことだ。粒子が予定外に小さかったため、微粒子が付着したヘラの先端を直接電子顕微鏡で観察し、その結果、微粒子が明らかに金属ではないことが確認された。

ヘラでぬぐったサンプルキャッチャー内の範囲は全体の約10分の1で、確認された微粒子の数は100個ほどである。形状や大きさは確認中だが、1μm以下のものもかなり含まれているという。

これらの粒子が小惑星イトカワ由来であるかどうかについては初期分析に委ねられることとなる。初期分析チームへ微粒子を引き渡す方法は今後検討される。

<参照>

<関連リンク>

<関連ニュース>

<関連商品>