2021年9月の星空

宵の南天に土星木星が並んで見えている。8月に衝となったばかりで、引き続き観察好期だ。土星や木星は明るいので、空の暗いところへ出かけなくても見やすい。天体望遠鏡で環や縞模様を眺めよう。両惑星が位置するやぎ座の、三角形の星の並びもたどってみてほしい。

土星や木星と同じく人気の天体といえば月。とくに秋は空気が澄んでいるので、月の光がいっそう冴えているように感じられる。今年の中秋の名月の日付は9月21日で、8年ぶりに満月と同日になる。十五夜のお月見をしながら、世の安寧を願いたい。

丸く明るい名月だけでなく、欠けた月にも魅力はある。とくに望遠鏡で見る、欠け際のクレーターの立体感は格別だ。また、細い月と金星が並ぶ美しい夕景を肉眼で眺めるのも楽しい。街中、郊外、暗い場所、どんなところでも天体観察はできる。何よりも安全第一で。

このエントリーをはてなブックマークに追加

全天星図

全天星図

東京で15日の20時ごろ、南に向かって見上げたときの星空です。月初は21時ごろ、月末は19時ごろに同じような星空になります。
大阪では約20分後、福岡では約40分後に同様の星空になります。


主な天文現象

5日ごろ 金星とスピカが大接近
9日(木) パラスがうお座で衝
10日(金) 細い月と金星が接近
14日(火) 水星が東方最大離角
15日(水) 海王星がみずがめ座で衝
18日(土) 月と木星が接近
19日(日) みずがめ座τ2星の食
21日ごろ 水星とスピカが大接近
21日(火) 中秋の名月

惑星

水星

上旬 中旬 下旬
等級 0.0 0.2 0.6
視直径 6.2″ 7.1″ 8.5″
星座 おとめ おとめ おとめ

金星▶ 特集ページ

上旬 中旬 下旬
等級 -4.1 -4.1 -4.2
視直径 15.5″ 16.6″ 17.9″
星座 おとめ おとめ てんびん

火星

上旬 下旬
等級 1.8 1.7
視直径 3.6″ 3.6″
星座 しし おとめ

現象

  • 20日 地球から最遠

木星▶ 特集ページ

上旬 下旬
等級 -2.8 -2.7
視直径 48.7″ 47.0″
星座 やぎ やぎ

土星▶ 特集ページ

上旬 下旬
等級 0.3 0.4
視直径 18.3″ 17.8″
星座 やぎ やぎ

現象

  • 17日 月と並ぶ

天王星・海王星

天王星(中旬)海王星(中旬)
等級 5.7 7.8
視直径 3.7″ 2.4″
星座 おひつじ みずがめ