多胡さん、櫻井さんがとも座に新星を発見

【2004年11月22日 VSOLJニュース(132) / 国立天文台 アストロ・トピックス(64)

(VSOLJニュース)

(著者:山岡均さん(九大理))

多胡昭彦さん(岡山県津山市)と櫻井幸夫さん(茨城県水戸市)が、とも座に新星を発見されました。お二方ともベテランの天体捜索家で、これまでにも数多くの新星を発見されてきています。

新星の位置は以下のとおりです。冬の天の川の中にあたります。

赤経   7時41分53.6秒
赤緯 -27度06分38秒  (2000年分点)
新星周辺の星図

これまでに報告されている明るさは以下のとおりです(時刻はすべて世界時)。CはCCDによる観測、pは写真です。

11月12日 13.6等以下C 櫻井
11月16日 13.6等以下C 櫻井
16.76日 11.5等以下p 多胡
20.672日 7.6等p 多胡
20.812日 7.4等C 櫻井
21.625日 6.9等C 串田麗樹(山梨県)
21.701日 7.0等C 門田健一(埼玉県)

門田さんは、この位置のごく近くに、18等ほどの星があったことを報告しています。この星が増光したものとすると、10等級(1万倍)以上明るくなったと推定されます。

21日には岡山県の美星天文台で分光が行われ、P Cyg型の水素線が目立つ典型的な新星と判明しています。少なくとも数日間は、双眼鏡でも見られることでしょう。

(国立天文台 アストロ・トピックス)

岡山県津山市にお住いの多胡昭彦(たごあきひこ)さんと、茨城県水戸市にお住まいの櫻井幸夫(さくらいゆきお)さんが、とも座に新星を発見し、とも座新星2004(Nova Puppis 2004)と命名されました。

多胡さんは、11月20.672日(世界時、以下同様)に撮影した写真から、また櫻井さんは11月20.812日に撮影したデジタル写真画像上から、それぞれ独立に発見したものです。

どちらも新星発見のベテランで、多胡さんは2001年8月にはくちょう座に新星(はくちょう座新星2001(Nova Cygni 2001 No.2)を発見(国立天文台・天文ニュース 467)、また、櫻井さんは、2000年2月にいて座に新星(いて座新星2000)を発見しています(同 326)。それぞれ、新星類似天体を含めての発見数は、多胡さんが4つ目、桜井さんが7つ目になります。

両者の発見は、兵庫県洲本市の中野主一(なかのしゅいち)さんを通じて、国際天文学連合へ報告されました。新星の位置は、山梨県八ヶ岳南麓天文台の串田麗樹(くしだれいき)さんの測定によると、次のとおりです。

赤経   7時41分53.56秒
赤緯 -27度06分38.3秒 (2000年分点)

さらに埼玉県上尾市の門田健一(かどたけんいち)さんらの観測では、この新星の明るさは7等級ということです。

岡山県美星町にある美星天文台の口径101cm望遠鏡では、11月21.75日にさっそく分光観測が行われ、新星爆発特有の観測結果が得られています。これも発見直後の迅速な観測データであり、貴重なものといえるでしょう。