田中 一幸さんが宇都宮・ジョーンズ彗星の尾を観測

【2000年12月16日】

アメリカ・アリゾナ州の田中 一幸さんが、12月14日に宇都宮・ジョーンズ彗星(C/2000 W1)の尾を 観測しました。彗星の頭部から東側にのびる尾は、20分角(見かけの満月の3分の2)ほどの長さで、2本に 分かれています。
なお、眼視では、尾は見られなかったとのことです。

田中 一幸さんは、アリゾナ大学で能動光学を学ばれながら、多方面で画像処理や光学シュミレーション の成果を発表されています。月刊星ナビでは、 デジタルをやさしく解説する「もっとデジタルに親しむ」を連載中です。


宇都宮・ジョーンズ彗星
2000年12月14日 18時51分(AZ Time=MST)〜
赤30秒 x 1枚 緑30秒 x 2枚 青30秒 x 1枚でRGB合成
C/2000 W1
画像をクリックで拡大
撮影者/田中 一幸氏 撮影地/アリゾナ州ツーソン
撮影機材/口径12.5cmF3.8ライトシュミット
CCDカメラ/Meade Pictor416XTE

田中 一幸さんのホームページ宇都宮・ジョーンズ彗星のページには、 オリジナル画像が掲載されています。

<関連ニュース>