Location:

Book Reviewこだわり天文書評

金井三男さんのWebオリジナルレビューと「星ナビ」月刊ほんナビを掲載しています(不定期更新)。▼天文・宇宙関連書の最新刊リストも掲載。

旬のトピック 重力波系外惑星土星

ウェブでしか読めない
金井三男のこだわり天文書評 第百十七回(2/20)

■天文の世界史■宇宙飛行の父ツィオルコフスキー■太陽のきほん■世界を変えた暦の歴史■「スター・ウォーズ」を科学する

→ バックナンバー

ウェブでも読める
星ナビ「月刊ほんナビ」(原智子さん他) 星ナビ2018年2月号(2/20)

■天文の世界史■地球外生命は存在する!■深読み!ギリシャ星座神話■星座の図鑑■メシエ天体&NGC天体ビジュアルガイド■悠久の宙■眠れなくなるほど宇宙がおもしろくなる本

→ バックナンバー

金井三男さん 金井 三男(かない みつお)

1974〜1989年に東京・渋谷にあった五島プラネタリウムで解説員として活躍の後、(株)東急コミュニティーにて後輩の指導・育成に携わる。現在は首都圏10か所のカルチャーセンターで毎月講演会を行っている。月刊「星ナビ」で、独自の視点から天文や宇宙を追究する「金井三男のこだわり天文夜話」を連載中。

新着レビュー

金井三男金井三男さんによる書評

星ナビ星ナビ「月刊ほんナビ」に掲載の書評(原智子さん他)

編集部オンラインニュース編集部による書評

Amazonで買う
天文の世界史
 

天文の世界史

  • 廣瀬匠 著
  • 集英社インターナショナル
  • 17.2×10.8cm、256ページ
  • 2017年12月
  • ISBN 978-4797680171

著者と評者には妙な縁があり、本書評初期の担当者だったのだ。今やスイス連邦工科大学(確かあのアインシュタインが学んだ大学)チューリッヒ校の研究員、すなわち大学者。評者がお世話になったその人が書いた天文学史、特に星座史や太陽系学が面白い本。と言っても、いわゆる学者の本ではなく、アマチュア天文家の視点も十分に兼ね備えている。例えば、スーパームーンはあんまりスーパーじゃない、月と罰(罪と罰じゃない)、2012年世界滅亡の嘘、チューズデーとマーズの関係、十三星座は必要? 惑星のおかげで恒星に名前が付いた? 通常から異常の天文学、そしてヒンドゥー教と天文学の奇妙な関係、実在しなかった「インドの宇宙観」等々、とてもそこらの天文学書では読めないし、見掛けもしませんよ。

つまり、天文学の大きな楽しみは、学者だけのものではなく、皆さんや評者のようなアマチュアでもどこまでも追求できる分野なのである。ただ、学者の皆さんが活躍する場所は、例えば宇宙年齢を20世紀末には200〜100億年、2003年には137億年±1億年、2015年には138億1000万±4000万年(筆者および評者調査)という具合に誤差をグーンと小さくさせる所にあるのだ。137億年と記された本は明らかに古書です。研究が独創的であると共に、精度を上げ緻密化させる点が、本書を読むと切実に理解できるのである。

この本を購入する Amazonで買う 

Amazonで買う
宇宙飛行の父ツィオルコフスキー 人類が宇宙に行くまで
 

宇宙飛行の父ツィオルコフスキー 人類が宇宙に行くまで

  • 的川泰宣 著
  • 勉誠出版
  • 19×13cm、306ページ
  • 2017年11月
  • ISBN 978-4585221968

宇宙教育の父と呼ばれ、普及にも尽力されている的川先生がロシア語にご堪能で、ツィオルコフスキーをご研究なさっていたとは、本書を読むまで評者は全く知らなかった。しかもその伝記として、最優秀であることも予想が付かなかったこと。

その伝記は幼年時代に始まり、猩紅熱で聴力を失って引っ込み思案となり、科学と技術に目覚めた後、遊学先のモスクワでロシア宇宙時代を作り、ジュール・ヴェルヌと(その著作を通して)出会い、家庭教師をしながら教師になる勉強をして、死刑になった扇動家でロケット技術の考案者キバルチッチを知り、金属飛行船を発案し、自転車とも出会い、奇跡の年と的川先生が呼ぶ1903年、その6年前の1897年5月10日メモ化され、ツィオルコフスキーの公式化が発表されたのだった。もう115年も前のことだった。それが現在でも(キバルチッチと共に)ロケット飛行技術の基本のキとなっている。…なんていうことも、評者は恥ずかしながらまるっきり知らなかったのだ。

耳が不自由でも教師を続け、未来の世界(すなわち現代以降)を構想しつつ、残念ながらその将来をオーベルトやフォン・ブラウンとコロリョフへと引き継ぎ、生涯を終えたツィオルコフスキーの波瀾万丈な生涯を本書は見事に描き出しており、これまでに無い大伝記書となったのだ。宇宙エレベーターなどの閑話休題も注目ですよ!

この本を購入する Amazonで買う 

Amazonで買う
ゆかいなイラストですっきりわかる 太陽のきほん
 

ゆかいなイラストですっきりわかる 太陽のきほん

  • 上出洋介 著
  • 誠文堂新光社
  • 21.2×15cm、160ページ
  • 2018年1月
  • ISBN 978-4416617618

月や星座関連の星に較べて、一般向けの書籍の刊行は、太陽に関しては意外と少ない。本書は、さすがオーロラの研究を種にしておられる著者だけに、出色のものである。まず語りかけの口調が優しくて心持ちがよい。もちろんイラストも優れているせいもあるが、冒頭からメラトニンの分泌が睡眠に関わる(このご時世、引きこもりなどの社会現象はこれが大きく起因している)ことや、神話でなぜ太陽が第一級の神様なのかを考えさせ、暦と太陽との関連を経て、太陽の年齢と寿命、太陽〜地球間の距離、電磁波波源別太陽像、内部構造、太陽ニュートリノ、太陽コロナなどの最新話題が説明されている。

本書の大事なところは、それらが単に羅列的に述べられているだけでなく、現在解らないことが正直に打ち明けられている点である。だから、太陽の研究が最新科学であり、巻末に詳しく述べられている太陽観測衛星「ひので」の解説につながっているのである。黒点とその磁場、それらの変動、ダイナモ理論なども、一読の価値がある。著者による2014年の研究で、太陽磁場の逆転が南北両極では同時に起こらない、各極での逆転が共に各半球に於ける極大期と一致していることなど、評者にとって大変勉強になった。一方、かつてのフランス王ルイ14世がなぜ太陽王と呼ばれるに至ったかのエピソードなど面白いですよ。ただ一つ残念なのは、119頁のこれからの太陽の寿命。正しくは70億年です。

この本を購入する Amazonで買う 

Amazonで買う
世界を変えた暦の歴史
 

世界を変えた暦の歴史

  • 谷岡一郎 著
  • PHP研究所
  • 15×13cm、253ページ
  • 2018年1月
  • ISBN 978-4569767826

本書は、評者がこの数年間この書評でご案内した200冊の本の中でも、特に勉強になったものである。文系の代表格と思っていた歴史学が、こと暦のそれに関しては完璧に科学だと認識したからだ! そもそも科学とは想像とか思いこみではない。それは何よりも、原因から結果の流れの中で見つけ出す合理性に基づいているものだ。例えば、古代マヤ文明に数多く残された遺跡群、イギリスのストーンヘンジに代表される巨石文明、アイルランドのニューグレンジ巨石群、ナイル川上流のアブシンベル神殿などは、いずれも暦(特に冬至)に関わる施設(科学的に言えば観測機械)なのだ。なぜそれが要求されたのかというと、神話や宗教ではなく、農牧業に必要とされたからだった。本書著者は、巻末の来歴から法学部卒業・社会学部博士課程・大阪商業大学学長を経たギャンブル社会学を専門とする、れっきとした文系の学者。従来ならそういう方が歴史学ではなく暦学の歴史を書いて、評者がショックを受けることはとても想像できなかったのである。中でも、これまで単なる船乗りで、不思議な民族としか(少なくとも評者には)捉えられていなかったフェニキア人こそ、アフリカ東海岸からケープタウンを回遊し、西海岸を経て地中海に戻る間に、南天の星が北半球とは逆向きに回ること=地球が球であることを初見し、それ故星座を作り、太陰太陽暦を作成し、日月食の予報(暦)を創ったのだ。ぜひお勧めします。

この本を購入する Amazonで買う 

Amazonで買う
「スター・ウォーズ」を科学する 徹底検証!フォースの正体から銀河間旅行まで
 

「スター・ウォーズ」を科学する 徹底検証!フォースの正体から銀河間旅行まで

  • マーク・ブレイク 著、ジョン・チェイス 著、高森郁哉 訳
  • 化学同人
  • 20.8×14.8cm、376ページ
  • 2017年12月
  • ISBN 978-4759819502

本書は丸の内のM書店で購入したが、他の書店で見かけることはなかった。もしやと思い、数店回り、天文書・科学書ばかりでなくSF関係書棚も探してみたが、どの店にも発見できず。従って、どこかのお店で入手するなら今。確実には出版元に直接どうぞ。

うっかりするとSFっぽいが、さにあらず。本書掲載の著者紹介によれば、著者の一人は、世界初の科学と空想科学、宇宙生物学の講座を開講し、NASA宇宙生物学研究所サイエンス・コミュニケーション・グループ創設者、もうお一人は航空宇宙工学を学んだサイエンス・コミュニケーターと言われる方だ。もちろん内容は宇宙科学そのもの。小惑星帯を無事に通過することが可能かをはじめ、宇宙船が真空宇宙で急旋回できるかとか、系外惑星・系外衛星などの最新トピックスが、目が醒めるほどにポンポンと飛び出る。

もちろんデススターやら、エンドア、ホス、タトゥイン、ベスピン、エグゾゴース、ジェダイ、ウーキー、ワトー、ストームトルーパー、ブラスターボルト、カイロ・レン等々、スターウォーズファンが泣いて喜ぶようなものを、実にサイエンティフィックに分析しているのである。読了後、評者がこれはもう今世紀最後の世界を描いたSFではないかと錯覚し、小学校入学前の孫達(読むのはまだ無理)にも本書を紹介しそうになったほど。

この本を購入する Amazonで買う 

新刊情報

2月20日掲載

キャラクターでわかる 星と宇宙

  • 藤井旭 監修
  • 世界文化社
  • ISBN 978-4418188031

Amazonで買う 

ありえない138億年史

  • ウォルター・アルバレス 著、山田美明 訳
  • 光文社
  • ISBN 978-4334962159

Amazonで買う 


星座と神話 5 世界の星座をめぐる

  • 藤井旭 監修
  • 学研プラス
  • ISBN 978-4055012508

Amazonで買う 

星座と神話 4 冬の星座をめぐる

  • 藤井旭 監修
  • 学研プラス
  • ISBN 978-4055012492

Amazonで買う 


星座と神話 3 秋の星座をめぐる

  • 藤井旭 監修
  • 学研プラス
  • ISBN 978-4055012485

Amazonで買う 

星座と神話 2 夏の星座をめぐる

  • 藤井旭 監修
  • 学研プラス
  • ISBN 978-4055012478

Amazonで買う 


星座と神話 1 春の星座をめぐる

  • 藤井旭 監修
  • 学研プラス
  • ISBN 978-4055012461

Amazonで買う 

宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分の八

  • 小野雅裕 著
  • SBクリエイティブ
  • ISBN 978-4797388503

Amazonで買う 


航空宇宙学への招待

  • 東海大学『航空宇宙学への招待』編集委員会 編
  • 東海大学出版部
  • ISBN 978-4486021681

Amazonで買う 

星空撮影&夜景撮影のための 写真レンズ星空実写カタログ

  • 西條善弘 著
  • 誠文堂新光社
  • ISBN 978-4416517611

Amazonで買う 


なぜ私たちはここにいるのか? 偉大なる宇宙の物語

  • ローレンス・クラウス 著、塩原通緒 訳
  • 青土社
  • ISBN 978-4791770397

Amazonで買う 

宇宙へようこそ 宇宙物理学をめぐる旅

  • ニール・ドグラース・タイソン 著、マイケル・A・ストラウス 著、J・リチャード・ゴット 著、松浦俊輔 訳
  • 青土社
  • ISBN 978-4791770434

Amazonで買う 


宇宙地球科学

  • 佐藤文衛 著、綱川秀夫 著
  • 講談社
  • ISBN 978-4061552425

Amazonで買う 

銀河の中心に潜むもの ブラックホールと重力波の謎にいどむ

  • 岡朋治 著
  • 慶應義塾大学出版会
  • ISBN 978-4766424928

Amazonで買う 


アッ!とおどろく宇宙論 …文明はどこに行こうとしているのか

  • 一休ス兵衛
  • 風詠社
  • ISBN 978-4434239861

Amazonで買う 

1月22日掲載

星ごよみ365日 季節を感じる 美しい星空のめぐり方、愉しみ方

  • 星空さんぽ編集部 編
  • 誠文堂新光社
  • ISBN 978-4416617328

Amazonで買う 

太陽のきほん 太陽は何色?どうやって生まれたの?その活動から読み解く太陽のふしぎ

  • 上出洋介 著
  • 誠文堂新光社
  • ISBN 978-4416617618

Amazonで買う 


時空のさざなみ 重力波天文学の夜明け

  • Schilling Govert 著、斉藤隆央 訳
  • 化学同人
  • ISBN 978-4759819595

Amazonで買う 

夜ふかしするほど面白い 月の話

  • 寺薗淳也 著
  • PHP研究所
  • ISBN 978-4569767758

Amazonで買う 


世界を変えた暦の歴史

  • 谷岡一郎 著
  • PHP研究所
  • ISBN 978-4569767826

Amazonで買う 

地球外生命体 実はここまできている探査技術

  • 井田茂 著
  • マイナビ出版
  • ISBN 978-4839965174

Amazonで買う 


NHKカルチャーラジオ 科学と人間 太陽フレアと宇宙災害

  • 片岡龍峰 著
  • NHK出版
  • ISBN 978-4149109749

Amazonで買う 

12月21日掲載

星空ガイド2018

  • 藤井旭 企画構成
  • 誠文堂新光社
  • ISBN 978-4416717264

Amazonで買う 

惑星ガイド 木星の向こうへ

  • 伊賀祐一 著
  • 誠文堂新光社
  • ISBN 978-4416917695

Amazonで買う 


銀河のすべて ここまでわかった!銀河の構造と進化

  • ニュートンプレス
  • ISBN 978-4315520873

Amazonで買う 

ハワイ島 宙の音 星空ガイド物語

  • サニー武石 著、藤田恒三 著
  • 講談社
  • ISBN 978-4062208949

Amazonで買う 


藤井 旭の天文年鑑 スターウォッチング完全ガイド 2018年版

  • 藤井旭 著
  • 誠文堂新光社
  • ISBN 978-4416717097

Amazonで買う 

天文の世界史

  • 廣瀬匠 著
  • 集英社インターナショナル
  • ISBN 978-4797680171

Amazonで買う 


ニュートリノってナンダ? やさしく知る素粒子・ニュートリノ・重力波

  • 荒舩良孝 著
  • 誠文堂新光社
  • ISBN 978-4416717516

Amazonで買う 

地球と生命の大進化! 地球46億年のひみつ

  • 講談社 編、森下知晃 監修、土屋健 監修、高橋拓真 著
  • 講談社
  • ISBN 978-4062999601

Amazonで買う 


大追跡! 宇宙と生命の謎 地球外生命はいるのか!?

  • 講談社 編、田村元秀 監修、白井三二朗 著
  • 講談社
  • ISBN 978-4062999595

Amazonで買う 

星がとびだす星座写真

  • 伊中明 著
  • 技術評論社
  • ISBN 978-4774193762

Amazonで買う 


ハッブル宇宙望遠鏡で見る 驚異の宇宙

  • 伊中明 著
  • 技術評論社
  • ISBN 978-4774193755

Amazonで買う 

ハッブル宇宙望遠鏡でたどる 果てしない宇宙の旅

  • 伊中明 著
  • 技術評論社
  • ISBN 978-4774193748

Amazonで買う 


ASTROGUIDE 星空年鑑 2018

  • 藤井旭 編著、アストロアーツ 編、沼澤茂美 イラスト
  • KADOKAWA
  • ISBN 978-4048997027

Amazonで買う 

宇宙飛行の父 ツィオルコフスキー 人類が宇宙へ行くまで

  • 的川泰宣 著
  • 勉誠出版
  • ISBN 978-4585221968

Amazonで買う 


星・星座

  • 藤井旭
  • 学研プラス
  • ISBN 978-4052047022

Amazonで買う 

太陽系旅行ガイド

  • マーク・トンプソン 著、山田陽志郎 訳、永山淳子 訳
  • 地人書館
  • ISBN 978-4805209158

Amazonで買う 


この宇宙の片隅に 宇宙の始まりから生命の意味を考える50章

  • ショーン・キャロル 著、松浦俊輔 訳
  • 青土社
  • ISBN 978-4791770205

Amazonで買う 

宇宙生命科学入門 生命の大冒険

  • 石岡憲昭 著
  • 共立出版
  • ISBN 978-4320047327

Amazonで買う 


天文年鑑 2018年版

  • 天文年鑑編集委員会 編
  • 誠文堂新光社
  • ISBN 978-4416717400

Amazonで買う 

138億年宇宙の旅

  • クリストフ・ガルファール 著、塩原通緒 訳
  • 早川書房
  • ISBN 978-4152097231

Amazonで買う 


宮沢賢治の地学教室

  • 柴山元彦 著
  • 創元社
  • ISBN 978-4422440101

Amazonで買う 

宇宙建築I 宇宙観光、木星の月

  • 十亀昭人 編著、TNL 著、土谷純一 企画構成
  • 東海大学出版部
  • ISBN 978-4486021643

Amazonで買う 

↑ページの先頭へ