Location:

Book Reviewこだわり天文書評

金井三男さんのWebオリジナルレビューと「星ナビ」月刊ほんナビを掲載しています(不定期更新)。▼天文・宇宙関連書の最新刊リストも掲載。

旬のトピック 彗星彗星はやぶさブラックホール

ウェブでしか読めない
金井三男のこだわり天文書評 第百四十六回(7/20)

■驚異の太陽■90分でブラックホールがわかる本■アインシュタインの影

→ バックナンバー

ウェブでも読める
星ナビ「月刊ほんナビ」(原智子さん他) 星ナビ2020年7月号(7/20)

■交響曲第6番「炭素物語」■宇宙と元素の歴史■ハビタブルな宇宙■地球は特別な惑星か?■第二の地球が見つかる日

→ バックナンバー

金井三男さん 金井 三男(かない みつお)

1974〜1989年に東京・渋谷にあった五島プラネタリウムで解説員として活躍の後、(株)東急コミュニティーにて後輩の指導・育成に携わる。現在は首都圏10か所のカルチャーセンターで毎月講演会を行っている。月刊「星ナビ」で、独自の視点から天文や宇宙を追究する「金井三男のこだわり天文夜話」を連載中。

新着レビュー

金井三男金井三男さんによる書評

星ナビ星ナビ「月刊ほんナビ」に掲載の書評(原智子さん他)

編集部オンラインニュース編集部による書評

Amazonで買う
高校生からの天文学 驚異の太陽 太陽風やフレアはどのように起きるのか
 

高校生からの天文学 驚異の太陽 太陽風やフレアはどのように起きるのか

  • 鈴木建 著
  • 日本評論社
  • 216ページ
  • 2020年4月
  • 978-4535788633

第一章いきなりコロナ(と言ってももちろん新型…ではありません)と太陽風ですよ! これって、今までの太陽の本にあり、ですか? 続いて太陽磁場。さらに第三章ではコロナ加熱と太陽風の加熱。ウゥン、これまで普通の太陽の本は黒点から始まり、プロミネンス、フレアから一転、太陽の内部構造、太陽型恒星、こんな展開でしたよね。

実は50年以上前、筆者の学生時代、恩師鈴木敬信先生に真面目な顔をして「表面が6000度なのに上空のコロナが100万度なのは、どうしてですか?」と質問したら、さすが秀才と言われ、東大の先輩萩原雄祐元東京天文台長(共に故人)としょっちゅう大喧嘩していた先生が頭を傾げ、「わからん」とのたまい、評者は内心ほくそ笑んだことを思い出した。筆者によれば、この加熱機構は現在でもわかっていないという。

だが現在、地球温暖化で重要な役割を果たす太陽風のことは、半世紀前と異なり、喫緊な問題として詳細に解明されなければならず、評者は是非本書を読者の皆さんに完読をお勧めしたい。だが、心していただきたいのは、本書は最新の太陽物理学の本であり、「高校生から」ではあっても、並みの高校生が理解できる本ではない。大学生でも頑張る人でもなければ無理かもしれない。でもオモシロイですよ。第4章以下の計算器の中の太陽や、昔・未来・他の太陽などは、恒星物理学を毎晩学ぶ評者には最高の本なのだ。お勧めです。

この本を購入する Amazonで買う 

Amazonで買う
90分でブラックホールがわかる本
 

90分でブラックホールがわかる本

  • 福江純 著、カサハラテツロー イラスト
  • 大和書房
  • 192ページ
  • 2020年5月
  • 978-4479393443

のっけから申し上げるのもナンだが、90分でわかるなんてとても無理。評者が熟読完読するまで3日かかった。でも、本書はブラックホールに関する最近出版の書籍の中で、最高の本。しかも、研究者としての著者の人柄が溢れて出ていて面白く、読みやすく、しかも判りやすい。カサハラテツローという漫画家による漫画ストーリーも面白い。随所に出てくる福江純という研究者と、アルというマセガキの会話が楽しいですよ。

実は、評者完読後、真っ先の感想は、「ブラックホールがこれでホワイトホールになった」である。いや、その、正規のホワイトホールではなくて、ブラックではないホワイトという意味の。だって、そうですよ、ブラックホールが白く見えちゃったのだから。イベントホライズン望遠鏡が明らかにしたブラックホールシャドウの写真発表は、皆さんよく覚えておられるでしょう! たったの1年そこいら前の記者会見だったから。その30年も前に本書著者らがブラックホールのカラー可視化を発表した。そのころ、評者は五島プラネタリウムで解説台に立っていた。が、ブラックホールについてはチンプンカンプンだった。今や、本書を読み終わって大変化した。それと共に、本書186ページにあるフェルミ加速器研究所所長の言葉が気になって仕方ない。国の国防に役に立つのかの議員の質問に、米国を価値ある国とするために役に立つと答えたという。どこかの国の総理に聞かせたい言葉だ!

この本を購入する Amazonで買う 

Amazonで買う
アインシュタインの影 ブラックホール撮影成功までの記録
 

アインシュタインの影 ブラックホール撮影成功までの記録

  • セス・フレッチャー 著、沢田博 訳、渡部潤一 監修
  • 三省堂
  • 319ページ
  • 2020年5月
  • 978-4385360997

評者は現在進行形でAbbreviation(略語)を収集し、今年6月現在、2200個を数え増加中。その中で、EHT、SMA、JCMT、CARMA、SMT、LMT、APEX、ALMA、SPT、PDBI、IRAM。どうです、全部ご存じですか? 100点満点のヒトは、多分0でしょう。それが本書に全て書かれている。それも地球の半面に分布している世界的大電波望遠鏡群。

どういうことかというと、地球の直径分に相当する口径の電波干渉計。だからこそヒト呼んでイベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)なのだ。本書は、その全貌が判る最新の天文学書である! それをもってしか銀河中心に実在するブラックホールについて理解することはできないということを、本書では如実に理解することができる。ありがたいこと、この上ない。渡部先生の解説も、一読の価値がある。そもそも本書副題にある「影」とは、ブラックホールの事なのだ。従って評者は、これまで半世紀以上、影を追い求め追い続けてきたことになる。それが、誠に嬉しいことに、本書によって全貌を知ることができたのだ。

評者がブラックホールという用語を初めて知ったのは、大学生時代すなわち1960年代のことで、そもそも20世紀以前にはその概念すらなかった。20世紀初頭にあのアインシュタインが相対性理論を確立してから全てが始まった。古稀を数年超えた現在、その実体がやっと目の前に迎えられたわけ。あぁ地獄が目前だ。是非皆さんも熟読されたし!

この本を購入する Amazonで買う 

新刊情報

7月20日掲載

2020〜2021年版 天文宇宙検定公式問題集 4級 星博士ジュニア

  • 天文宇宙検定委員会 編
  • 恒星社厚生閣
  • 978-4769916529

Amazonで買う 

2020〜2021年版 天文宇宙検定公式問題集 3級 星空博士

  • 天文宇宙検定委員会 編
  • 恒星社厚生閣
  • 978-4769916512

Amazonで買う 


2020〜2021年版 天文宇宙検定公式問題集 2級 銀河博士

  • 天文宇宙検定委員会 編
  • 恒星社厚生閣
  • 978-4769916505

Amazonで買う 

2020〜2021年版 天文宇宙検定公式問題集 1級 天文宇宙博士

  • 天文宇宙検定委員会 編
  • 恒星社厚生閣
  • 978-4769916499

Amazonで買う 


文系でもよくわかる 日常の不思議を物理学で知る

  • 松原隆彦 著
  • 山と渓谷社
  • 978-4635130127

Amazonで買う 

時間は逆戻りするのか 宇宙から量子まで、可能性のすべて

  • 高水裕一 著
  • 講談社
  • 978-4065202104

Amazonで買う 


天文学者が解説する 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』と宇宙の旅

  • 谷口義明 著
  • 光文社
  • 978-4334044831

Amazonで買う 

最新 宇宙の謎に迫る 天文学最前線

  • 竹内薫 監修
  • 清水書院
  • 978-4389501198

Amazonで買う 


宇宙の観測II 電波天文学 シリーズ現代の天文学[第2版]

  • 坪井昌人 著、中井直正 編、福井康夫 編
  • 日本評論社
  • 978-4535607668

Amazonで買う 

ハッブル・レガシー ハッブル宇宙望遠鏡30年の記録

  • ジム・ベル 著、縣秀彦 監修、堀口容子 訳
  • グラフィック社
  • 978-4766134056

Amazonで買う 


宇宙岩石入門 起源・観測・サンプルリターン

  • 牧嶋昭夫 著
  • 朝倉書店
  • 978-4254150223

Amazonで買う 

素粒子の探究で宇宙がみえてくる 波場センセイのとっておき50話

  • 波場直之 著
  • 丸善出版
  • 978-4621305157

Amazonで買う 


ニュートン式 超図解 最強に面白い!!相対性理論

  • 佐藤勝彦 監修
  • ニュートンプレス
  • 978-4315522525

Amazonで買う 

ビジュアル 銀河大図鑑

  • 渡部潤一 監修、ナショナルジオグラフィック 編、クリス・ハドフィールド その他、竹花秀春 訳
  • 日経ナショナルジオグラフィック社
  • 978-4863134751

Amazonで買う 


ARで遊べる!学べる! JAXAといっしょに月探査

  • ビービーメディア株式会社 著
  • ビービーメディア株式会社
  • 978-4600004002

Amazonで買う 

中国、科学技術覇権への野望 宇宙・原発・ファーウェイ

  • 倉澤治雄 著
  • 中央公論新社
  • 978-4121506917

Amazonで買う 


交響曲第6番「炭素物語」 地球と生命の進化を導く元素

  • ロバート・M・ヘイゼン 著、渡辺正 訳
  • 化学同人
  • 978-4759820324

Amazonで買う 

6月22日掲載

マンガで学ぶ 重力 グラヴィティ・エクスプレス

  • チョ・ジンホ 著、金重明 訳
  • マイナビ出版
  • 978-4839970482

Amazonで買う 

宇宙の始まりに何が起きたのか ビッグバンの残光「宇宙マイクロ波背景放射」

  • 杉山直 著
  • 講談社
  • 978-4065204931

Amazonで買う 


眠れなくなるほど面白い 図解 最新 宇宙の話

  • 渡部潤一 監修
  • 日本文芸社
  • 978-4537218107

Amazonで買う 

相対論と宇宙の事典

  • 安東正樹 編、白水徹也 編
  • 朝倉書店
  • 978-4254131284

Amazonで買う 


Newton 大図鑑シリーズ 宇宙大図鑑

  • ニュートンプレス
  • 978-4315522426

Amazonで買う 

怖くて眠れなくなる地学

  • 左巻健男 著
  • PHP研究所
  • 978-4569846965

Amazonで買う 


はじめて学ぶ大学教養地学

  • 杉本憲彦 著、杵島正洋 著、松本直記 著
  • 慶應義塾大学出版会
  • 978-4766426625

Amazonで買う 

ビジュアル大図鑑 宇宙探査の歴史

  • ロジャー・D・ローニアス 著、柴田浩一 訳
  • 東京堂出版
  • 978-4490210224

Amazonで買う 


宇宙の謎に迫る

  • 太田猛彦 監修、藤嶋昭 監修
  • 学研プラス
  • 978-4054067776

Amazonで買う 

潜入!天才科学者の実験室 1 宇宙にはじまりはある?ニュートンほか

  • 佐藤文隆 著・編、くさばよしみ 著、たなべたい イラスト
  • 汐文社
  • 978-4811326733

Amazonで買う 


ブラックホール撮影成功までの記録 アインシュタインの影

  • セス・フレッチャー 著、渡部潤一 監修、沢田博 訳
  • 三省堂
  • 978-4385360997

Amazonで買う 

そうたいせいりろん for babies

  • クリス・フェリー 著、村山斉 訳
  • サンマーク出版
  • 978-4763138088

Amazonで買う 

5月20日掲載

COSMOS コスモス いくつもの世界

  • アン・ドルーヤン 著、臼田-佐藤功美子 監修、ナショナル ジオグラフィック 編、藤井留美 訳
  • 日経ナショナルジオグラフィック社
  • 978-4863134836

Amazonで買う 

90分でブラックホールがわかる本

  • 福江純 著、カサハラテツロー イラスト
  • 大和書房
  • 978-4479393443

Amazonで買う 


世界でいちばん美しい 夜空と星たちの物語

  • MdN編集部 編
  • エムディエヌコーポレーション
  • 978-4844369844

Amazonで買う 

いつになったら宇宙エレベーターで月に行けて、3Dプリンターで臓器が作れるんだい!? 気になる最先端テクノロジー10のゆくえ

  • ケリー・ウィーナースミス 著、ザック・ウィーナースミス 著、中川泉 訳
  • 化学同人
  • 978-4759820355

Amazonで買う 


はじめてのちきゅうえほん

  • てづかあけみ 著、斎藤紀男 監修
  • パイインターナショナル
  • 978-4756253316

Amazonで買う 

生物はなぜ誕生したのか 生命の起源と進化の最新科学

  • ピーター・ウォード 著、ジョゼフ・カーシュヴィンク 著、梶山あゆみ 訳
  • 河出書房新社
  • 978-4309467177

Amazonで買う 

↑ページの先頭へ