Location:

Book Reviewこだわり天文書評

金井三男さんのWebオリジナルレビューと「星ナビ」月刊ほんナビを掲載しています(不定期更新)。▼天文・宇宙関連書の最新刊リストも掲載。

旬のトピック 火星はやぶさブラックホール

ウェブでしか読めない
金井三男のこだわり天文書評 第百五十四回(3/22)

■これは隕石なのか?■人類が宇宙資源を活用する日■地球に月が2つあったころ

→ バックナンバー

ウェブでも読める
星ナビ「月刊ほんナビ」(原智子さん他) 星ナビ2021年3月号(3/22)

■ハッブル・レガシー■天空への願い■AURORA HAPPY■美しい宇宙入門■沖縄の美ら星■満月珈琲店■満月珈琲店の星詠み■満月珈琲店の星詠み〜本当の願いごと〜

→ バックナンバー

金井三男さん 金井 三男(かない みつお)

1974〜1989年に東京・渋谷にあった五島プラネタリウムで解説員として活躍の後、(株)東急コミュニティーにて後輩の指導・育成に携わる。現在は首都圏10か所のカルチャーセンターで毎月講演会を行っている。月刊「星ナビ」で、独自の視点から天文や宇宙を追究する「金井三男のこだわり天文夜話」を連載中。

新着レビュー

金井三男金井三男さんによる書評

星ナビ星ナビ「月刊ほんナビ」に掲載の書評(原智子さん他)

編集部オンラインニュース編集部による書評

Amazonで買う
これは隕石なのか? 不思議な物体との出会い、その検証の記録

これは隕石なのか? 不思議な物体との出会い、その検証の記録

  • 飯島悦男 著
  • 東洋出版
  • 80ページ
  • 2020年10月

超珍しい本。横浜・青葉台の有名書店(別フロアのカルチャーセンターで星と宇宙の講座を評者は開いている)でしか見かけなかった本。もちろん購入した。内容も隕石に興味を持つ人なら誰もが読みたくなる。まだ結論は付いていないが、あの有名なつくば隕石に関心を持つ方なら、誰もがほしがるだろうと断言することができるからだ。かなりの期間、書棚に乗ったままだったことが、とてもとてもうなずくことが不可能な本である。

すなわち、その実録の書。全体像や切断部の実写写真が豊富に掲載されており、中でも鉄隕石の分析に欠かすことができないウィドマンシュテッテン模様などの詳細な写真が注目される。隕石の採集と分析に経験がない評者には、隕石に間違いナシと断言できるモノだが、本書購読をきっかけに、いろいろな書店を訪ね歩いて、隕石学の本を古書を含めて何冊も買ってしまった経緯を持つ。

なぜか評者もたまたま見てしまったNHKのBS放送「謎の金属天体プシケ」で紹介された小惑星プシケや、本書の主題の隕石状物質とウリ二つのオウムアムアも解説文の中に登場し、筆者ばかりでなく評者も「これは間違いなし」とうなずけるものである。プシケ、オウムアムア、アロコスばかりでなく、彗星のかけらとみられるタギッシュレイク隕石など、想像が豊かに広がる本書である。

この本を購入する Amazonで買う

Amazonで買う
「はやぶさ2」が拓く 人類が宇宙資源を活用する日

「はやぶさ2」が拓く 人類が宇宙資源を活用する日

  • 川口淳一郎 著
  • ビジネス社
  • 224ページ
  • 2021年1月

「はやぶさ2」の試料の劇的な持ち帰りに際して、本書と同様テーマの本が多数出版された。ブームと言って良い。確かに学術的にも重要な探査だったが、特に日本人にとって初代「はやぶさ」のドラマチックな帰還に次ぐ劇的なものだったことが、何よりも感情に響くものだったのだろう。

そんな折、アドバイザーとして、またJAXAシニアフェローとして名が知れた川口先生の著した本書は、理科系・技術系の先生の知識と経験が溢れる物になった。だから、評者にはピーンと来たのである。もちろん、リュウグウ探査の意味合いを避けて通ることはできないが、本書第3章の技術イノベーションの秘話は、川口先生だからこそ語れるモノ。文学的ではなく、長年技術者として生きてこられた先生の語り口と視点が如実に表れており、同じ理科系出身者として評者には大変読みやすかった。簡単に申し上げれば実録書。

タイトルからも判るとおり、要するに単なる文学書では味わえないこれからの宇宙開発の要点が、端的に理解できる本で、第4章に始まり、第7章で終わるこれからの宇宙開発が圧巻の内容である。日本だけではなく米中や、最近はアラブ首長国連邦なども加わり、宇宙開発は激化する一方だが、特に日本は軍事的な目的ではなく、宇宙科学に寄与する国として、その役割に期待したいことが、本書を読んで確信に変わった。

この本を購入する Amazonで買う

Amazonで買う
地球に月が2つあったころ

地球に月が2つあったころ

  • エリック・アスフォーグ 著、熊谷玲美 訳
  • 柏書房
  • 448ページ
  • 2020年12月

あちこちの書店で店頭に山積みされている本書を見て、この本が月と地球の歴史を語った本であることを理解する読者が果たして何人いるだろうか、と疑問がふつふつと湧いたのは、評者だけだっただろうか。多分、多くの人は満月が2つ隣り合って昇ってくるような驚くべき文学的景色を想像したのではないだろうか。だって、表紙のイラストにも月が2つ並んで描かれているから。評者はスレスレでそれが回避できた。

文学的表現が200ページ以上続き、第5章に至ってようやく地球とテイアとの衝突が登場する。もちろん、その間にも小惑星や彗星の地球衝突や、木星・土星の衛星群、しし座流星群などの流星雨の記事など多数が紹介解説されており、評者はメモをしまくり、ボールペンを何本も使い切ってしまった。その量は半端なものではない。文房具屋さんありがとう。

だが、なんと言っても圧巻は、テイアと地球との衝突である。この原始地球と月の形成は原始太陽系の中では小さな事件かもしれないが、その後の地球に起こったドラマチックな、たとえば生物進化や火山・地質構造の形成など、今でこそ少しずつ解明されてきているが未だに謎だらけのことだ。本書は入門書ではないので、本書の完全読解には一大決心をしてほしいが、判らないことは多くても、何とか読み通すことは、宇宙科学や地質鉱物学を志す方々にはぜひとも心に決めてほしいことだ。頑張って。面白いですよ!

この本を購入する Amazonで買う

新刊情報

3月22日掲載

小さなことにあくせくしなくなる 天文学講座 生き方が変わる壮大な宇宙の話

  • 谷口義明 著
  • PHP研究所

Amazonで買う

三体問題 天才たちを悩ませた400年の未解決問題

  • 浅田秀樹 著
  • 講談社

Amazonで買う


はやぶさ2の宇宙大航海記

  • 津田雄一 著
  • 宝島社

Amazonで買う

中国が宇宙を支配する日 宇宙安保の現代史

  • 青木節子 著
  • 新潮社

Amazonで買う


はやぶさ2全軌跡と宇宙の最前線

  • 昭文社 出版 編集部 編
  • 昭文社

Amazonで買う

分子地球化学

  • 高橋嘉夫 編
  • 名古屋大学出版会

Amazonで買う


天体観測に魅せられた人たち

  • エミリー・レヴェック 著、川添節子 訳
  • 原書房

Amazonで買う

宇宙の奇跡を科学する

  • 本間希樹 著
  • 扶桑社

Amazonで買う


ニュートン式 超図解 最強に面白い!!銀河

  • 渡部潤一 著、監修
  • ニュートンプレス

Amazonで買う

インド宇宙論大全

  • 定方晟 著
  • 春秋社

Amazonで買う


ものの大きさ 自然の階層・宇宙の階層

  • 須藤靖 著
  • 東京大学出版会

Amazonで買う

宇宙研究のつれづれに 「慣性」と「摩擦」のはざまで

  • 池内了 著
  • 青土社

Amazonで買う


古代マヤ文明 栄華と衰亡の3000年

  • 鈴木真太郎 著
  • 中央公論新社

Amazonで買う

2月22日掲載

新説 宇宙生命学

  • 日下部展彦 著、田村元秀 監修
  • カンゼン

Amazonで買う

ニュートン別冊 超ひも理論と宇宙のすべてを支配する数式 増補第2版

  • ニュートンプレス

Amazonで買う


物理学の原理と法則 科学の基礎から「自然の論理」へ

  • 池内了 著
  • 講談社

Amazonで買う

マンガ年表 歴史を変えた科学・技術100 上 宇宙・生命・知識

  • 学研プラス 編
  • 学研プラス

Amazonで買う


面白いほど科学的な物の見方が身につく 図解 宇宙のひみつ

  • 宮本英昭 監修
  • 宝島社

Amazonで買う

宇宙ロケット図鑑

  • 吉川真 監修
  • 成美堂出版

Amazonで買う


物理学者のすごい思考法

  • 橋本幸士 著
  • 集英社インターナショナル

Amazonで買う

「ニュートリノと重力波」のことが一冊でまるごとわかる

  • 郡和範 著
  • ベレ出版

Amazonで買う


宇宙まるごとQ&A

  • 北本俊二 著、原田知広 著、亀田真吾 著
  • 理工図書

Amazonで買う

「はやぶさ2」が拓く 人類が宇宙資源を活用する日

  • 川口淳一郎 著
  • ビジネス社

Amazonで買う


星をみつめて 京大花山天文台から

  • 花山宇宙文化財団 著
  • 京都新聞出版センター

Amazonで買う

星座の起源 古代エジプト・メソポタミアにたどる星座の歴史

  • 近藤二郎 著
  • 誠文堂新光社

Amazonで買う


算数・数学で何ができるの? 算数と数学の基本がわかる図鑑

  • DK社 編、松野陽一郎 監修・訳、上原昌子 訳
  • 東京書籍

Amazonで買う

短編宇宙

  • 加納朋子 著、川端裕人 著、寺地はるな 著、酉島伝法 著、深緑野分 著、宮澤伊織 著、雪舟えま 著
  • 集英社

Amazonで買う


宇宙ラジオ

  • 宇上春彦 著
  • 文芸社

Amazonで買う

世界の歩み 地球から宇宙へ

  • 吉村久夫 著
  • 三省堂書店/創英社

Amazonで買う


すごい実験

  • 多田将 著
  • 中央公論新社

Amazonで買う

入試問題で味わう 東大物理

  • 三澤信也 著
  • オーム社

Amazonで買う


学校勝ちぬき戦 実験対決 (36) 太陽と惑星の対決

  • ストーリーa. 著、洪鐘賢 イラスト
  • 朝日新聞出版

Amazonで買う

1月20日掲載

わたしの宮沢賢治 地球生命の未来圏

  • 毛利衛 著、ひしだようこ イラスト
  • ソレイユ出版

Amazonで買う

西はりま天文台には宇宙人がいた

  • 三上祥子 著、イラスト
  • 海青社

Amazonで買う


藤井 旭の 星座をさがそう 四季の星空の見方・楽しみ方がわかる

  • 藤井旭 著
  • 誠文堂新光社

Amazonで買う

図解でよくわかる  核融合エネルギーのきほん 世界が変わる夢のエネルギーのしくみから、環境・ビジネス・教育との関わりや将来像まで

  • 「核融合エネルギーのきほん」出版委員会 編
  • 誠文堂新光社

Amazonで買う


かがくのえほん 重力波発見の物語

  • 荒舩良孝 著、ごみたこずえ イラスト
  • 技術評論社

Amazonで買う

地球に月が2つあったころ

  • エリック・アスフォーグ 著、熊谷玲美 訳
  • 柏書房

Amazonで買う


ながれぼし

  • 武田康男 監修・写真、小杉みのり 構成・文
  • 岩崎書店

Amazonで買う

星になりたかった君と

  • 遊歩新夢 著
  • 実業之日本社

Amazonで買う


星空ガイド2021

  • 藤井旭 企画・構成
  • 誠文堂新光社

Amazonで買う

星と星座のひみつシリーズ 夏の星と星座

  • 藤井旭 監修
  • ほるぷ出版

Amazonで買う

↑ページの先頭へ