Location:

ステラドーム・プロ 多彩な表現や容易な操作性を実現する全天周デジタルプラネタリウム

ステラドーム・プロの特長 2. 上演の幅を広げる操作性

複雑な演出も直感的な操作で

ステラナビゲータ互換のスクリプト記述で一連の操作を自動化。日時や場所の設定はもちろん、天文現象の再現や星座線・星座絵などの演出、スライドの投影、マルチメディア制御まで、複雑な動作や番組がすぐに実行できます。

操作はタッチパネルで行います。スライドのオンオフはボタン、惑星の拡大はスライダー。タッチパネルならではの、直感的な操作性が得られます。パネルの内容は自由にカスタマイズ出来るので、番組に最適なパネルを準備しておくことが出来ます。

タッチパネルコンソール

生解説から自動上演まで

スクリプトを特定の場所で停止させる「キュー」機能を使用しての生解説や、演出を設定したボタンを使ってインタラクティブ性の高い上演を行うなど、様々なシーンに対応します。もちろんボタン一つで完全な自動上演も可能です。上映内容に合わせた柔軟性の高い番組作りが行えます。

フルドーム映像の上映も可能。ドーム全体を駆使した天文番組から、ドームシアターとして全天周映像の上映まで、ドームをフル活用することが出来ます。

ステラスタジオ

番組制作をサポートするスクリプトエディタ

オリジナルの番組を作るために、高度なプログラミングや機械の知識は不要です。「ステラドーム・プロ」に内蔵されたスクリプトエディタ「ステラスタジオ」を使えば、演出方法を選んで並べていくだけで、簡単にスクリプトを作ることが出来ます。

DMX規格のコントローラやジョイスティックでコントロール

DMX規格のコントローラにも対応、さらに専用ジョイスティックもご用意しました。直接手を触れられるハードウェアコントローラとの連携で、日周運動やズームなどもスライダーを使ってより簡単に、フライトもジョイスティックでより自由に操作することが出来ます。

ページの先頭へ

「ステラドーム・プロ 製品情報」へ戻る