札幌市の金田宏さん、はくちょう座に新星を発見

【2008年3月11日 VSOLJ ニュース(192)】

北海道札幌市の金田宏さんが、こぎつね座に推定8等級台の新星を発見された。金田さんは昨年末にこぎつね座に新星を見つけていて、今回が2個目の発見。日本人による銀河系内の新星発見は今年初。また、この新星を独立に発見したという報告も、国内を中心に相次いでいる。


VSOLJ ニュースより

(著者:山岡均さん(九大理))

春まだ浅いこの季節ですが、明け方の空には夏の大三角も見え、天の川に多く出現する新星が発見されるころとなってきました。その先駆けとなる、今年初の銀河系内の新星を、札幌市の金田宏(かねだひろし)さんが発見されました。金田さんは、昨年末に新星こぎつね座V459を発見されました(VSOLJニュース 186)が、それに引き続いての2個目の発見となります。

金田さんは、3月7.801日(世界時、以下同じ)に撮影したCCD画像から、8.2等級の新天体を発見しました。埼玉県上尾市の門田健一(かどたけんいち)さんによって測定された新星の位置は、以下のとおりです。

  赤経  19時58分33.39秒
  赤緯 +29度52分06.5 秒 (2000年分点)
  新星周辺の星図

国内外で、この新星を独立に発見したという報告が多数ありました。国内からでは、愛知県岡崎市の山本稔(やまもとみのる)さん、熊本県合志市の工藤哲生(くどうてつお)さん、愛知県豊橋市の長谷田勝美(はせだかつみ)さん、三重県亀山市の中村祐二(なかむらゆうじ)さんが報告されています(報告時刻順)。

国立天文台の岡山天体物理観測所188cm望遠鏡を使って、突発天体を専門とする京都大学の野上大作(のがみだいさく)さんたちが天体のスペクトルを取得し(3月8.794日)、この天体が極大期の新星であることがわかりました。今後の光度変化などが楽しみです。


はくちょう座新星2008の位置

この天体を天文シミュレーションソフトウェア「ステラナビゲータ」で表示して位置を確認できます。ご利用の方は、ステラナビゲータを起動後、「データ更新」を行ってください。

<参照>

  • CBET 1291: 20080308 : NOVA CYGNI 2008
  • IAUC 8927: NOVA CYGNI 2008
  • VSOLJニュース(192): 札幌市の金田宏さん、はくちょう座に新星を発見
  • 国立天文台 アストロ・トピックス(370): 金田さん、はくちょう座に新星を発見

<関連ニュース>