市村さん、さんかく座の銀河に超新星を発見

【2005年12月21日 国立天文台 アストロ・トピックス(171)

埼玉県比企郡吉見町にお住いの市村義美(いちむらよしみ)さんは、口径28センチメートルのシュミットカセグレイン式反射式望遠鏡を使って撮った、CCD による、さんかく座の銀河 IC 221 の画像の中に 16.9 等級の超新星を発見しました。この発見は兵庫県の中野主一(なかのしゅいち)さんを通じて国際天文 学連合に報告されました。この超新星は 2005lx と命名されました。

発見日時は市村さんが撮影し、中野さんが測定した画像の取得日時から、12月19.687日(世界時; 日本時間20日1時頃)と思われます。その画像から求めた超新星の位置は、以下の通りです。

赤経   2時22分38.8秒
赤緯 +28度15分06  秒 (2000年分点)
超新星 2005lx 周辺の星図

この天体は IC 221 の中心から、西に27秒角、南に19.5秒角のところにあります。今後の分光タイプの決定が待たれます。市村さんは1987年に彗星 C/1987 W1 (Ichimura) を発見されています(IAUC 4494)。


超新星2005lxの位置:この天体を天文シュミレーションソフトウェア「ステラナビゲータ Ver.7」で表示して位置を確認できます。ご利用の方は、ステラナビゲータを起動後、「データ更新」を行なってください。

<参照>