Persephone火星の自転

*

およそ2時間の時間差をおいて火星を2回撮影しました。1回目の撮影では南極冠のほか、大シルチスとヘラス盆地が中央に映っていますが、2回目の撮影では大シルチスとヘラス盆地が端に移動して、サバ人の湾とアルギューレ盆地が見え始めています。

#50012
2018年8月30日 22時50分0秒 露出 5.0秒
NexImage5による動画撮影(ビニングなし)
東京都練馬区
望遠鏡:ビクセン イカルスD60L(旧シリーズ)
カメラ:セレストロン NexImage5
910mm
Any Video Converter 動画連結 RegiStax6 スタック処理とウェーブレット処理 PaintShopPro7 色調整、トリミング等