SHELL月齢9.8の月

*

クレータ(右)の写真は、2.5倍デジタルズームを使用しています。 Registaxは惑星のみならず、月面にも有効のようです。 左の写真で最も大きなクレータはクラヴィウス(約235km)、その下にあるくぼみの大きなクレータはティコ(約85km)です。

#1390
2009年12月26日 18時13分0秒 露出 1/60秒
コリメート法、ISO80設定、モノクロモード
茨城県龍ヶ崎市
望遠鏡:タカハシ MT160
カメラ:ニコン CoolPix 950
EM200赤道儀、Er32mm(月全体)、PL20mm(クレータ)
1000mm
月全体(左):86コマをRegistaxでコンポジット処理 クレータ(右):61コマをRegistaxでコンポジット処理
上記は、月全体(左)の撮影データです。 クレータ(右)の撮影データは、以下の通りです。 ・撮影時刻:12月26日 18時34分 ・露出:1/60秒 ・焦点距離:1,330mm