日食をシミュレーション - 活用しよう

「ステラナビゲータ」を使って、2020年6月21日の日食の見え方や金環帯をシミュレーションしてみましょう。

※以下の画像は、ステラナビゲータの「コンテンツ・ライブラリ」より「2020-06-21 金環日食・部分日食」をインストールして作成したものです。「コンテンツ・ライブラリ」は、ステラナビゲータの「コンテンツ」メニューから無料で利用できます。

▶ 「ステラナビゲータ」体験版はこちら。1か月間無料で機能をお試しいただけます。体験版では「コンテンツ・ライブラリ」は利用できませんが、追加コンテンツがなくても日食の見え方をシミュレーションすることはできます。

日食の時刻や見え方を確かめる

日食の時刻や見え方

  • 星図上の太陽をクリックすると「天体情報パレット」が開き、太陽の位置などの情報が表示されます。日食が起こる日には、接触時刻や食分など日食に関する情報も表示されます(日食の情報が表示されない場合、天体情報パレット右上の「設定」ボタンをクリックし、「天体情報パレット設定」ダイアログで「太陽系天体の詳細情報を表示」をオンにしてください)。
    また、「クイックアクセスバー」にも、日食に関する情報が表示されます
  • 「場所」ダイアログには金環食帯が表示されます
  • 時刻を変化させると、太陽が欠けていく様子や太陽の方位・高度を見ることができます

日食・月食スタイル

日食・月食スタイル

  • 「スタイル」を「日食・月食」にすると、日食のシミュレーションに適した表示モードとなり、太陽の追尾(星図中央に固定表示)や輪郭表示などを簡単に切り替えられます(※スタイルを切り替えると設定が元に戻るので、スタイル切り替え後に「お気に入り」から実行してください)

フライトスタイルで月の影を表示

月の影を表示

  • 「スタイル」を「フライト」にすると、宇宙空間から地球を眺めることができます(※スタイルを切り替えると設定が元に戻るので、スタイル切り替え後に「お気に入り」から実行してください)。
    この状態で時刻を変化させると、月の影が地球上を動いていく様子がわかります。また、部分日食が見える範囲(オレンジ色の線の内側)も視覚的にわかります
  • 金環食帯や月の影の表示のオン・オフは、「天体」メニューの「太陽・月」ダイアログで切り替えます

日食に関する様々な機能やコンテンツ

ステラパネルで日食関連のコンテンツや機能を表示

  • 「ステラパネル」で「日食」を検索すると、日食に関する天文現象や番組、表示設定を行うための機能などが一覧表示されます

エクリプスナビゲータ

エクリプスナビゲータ

  • 日食撮影+シミュレーションソフト「エクリプスナビゲータ」は、月縁を考慮して正確に日食を再現し、地図表示や連続撮影など高度なシミュレーションを行うことができます。
    • 部分食帯や「かすり日食」の範囲、月縁プロファイル、正確な接触時刻を含む一覧表、カウントダウンタイマーなど
  • スケジュールに沿ってカメラを制御し、撮影を自動化できます

日食の見え方や観察のポイントなどは特集ページをご覧ください。