• このエントリーをはてなブックマークに追加
中秋の名月(2017年)

地球から一番近いところにある身近な天体、月。模様をウサギに見立てるなど、古くから人々に親しまれています。とくに天保暦(旧暦)八月十五日の月は「中秋の名月」として有名で、供え物をしてお月見をする習慣があります。

暦の関係で、中秋の名月は必ずしも満月になるとは限りません。2017年は10月4日が「中秋の名月」で、満月の日の2日前です。澄んだ夜空に浮かぶ、少しだけ欠けた名月を眺めてみましょう。

今年の名月は満月の2日前

お月見といえば「9月の満月」と思われがちですが、今年2017年の場合、中秋の名月は10月4日です。10月であることに加えて満月は10月6日と2日のずれもあります。このように、中秋の名月は10月になることもありますし、満月とは限りません(むしろ満月でないことのほうが多い)。中秋の名月の日は、どのように決まるのでしょうか。

名月といえば秋

「中秋の名月」には月を眺めて供え物をする習慣がありますが、そもそも「中秋の名月」とはなんでしょうか。

昔から、秋こそが月を見るのに良い季節とされていましたが、秋である七月〜九月のちょうど真ん中の日が「中秋」、八月十五日です。そのため、八月十五日を「中秋の名月」と呼んで月を愛でることにしたのです(似た言葉の「仲秋」は「八月」を指します)。

なぜ、秋に月を見るのでしょう。その理由は、月の高さと天気です。太陽が天球上で通る道は、夏は高く、冬は低いことはご存じでしょう。月の通り道も太陽とほぼ同じですが、満月は地球から見て太陽の反対側にありますから、夏は低く冬は高くなります。そこで、ちょうど見上げるのに適した高さの満月となると、春か秋になります。しかし「春がすみ」や「秋晴れ」という言葉があるように、天気の良さでは断然秋。そこで、秋が月見のシーズンとなったとされています。

季節ごとの満月の高度

季節ごとの満月の高度。月は大きめに描画。画像クリックで拡大表示(ステラナビゲータで星図作成、以下同)。

「中秋」八月十五日の決め方

「秋が七月〜九月」「中秋の名月は八月十五日」というのは現在の暦ではなく、天保暦(いわゆる「旧暦」)による日付です。現在、正式に旧暦を発表する機関はありませんが、かつての法則と同様に太陽と月の動きを元にして旧暦を計算することは可能です。具体的には「秋分の日(祝日としてではなく、天文学としての日付)以前の、一番近い朔(新月)の日を1日目(旧暦八月一日)として、15日目を中秋とする」と決められます。2017年の場合、秋分の日は9月23日、直前の朔の日は9月20日です。

このようにして中秋(旧暦)を決めると、ほぼ現在の暦から1か月遅れていることから、中秋の名月は9月になることが多いのです。しかし今年は「閏(うるう)月」と呼ばれる月(「閏5月」)が入ったため、さらに遅くなり、中秋の名月が10月4日になったのです。

十五夜と満月は、ずれやすい

さて、「十五夜」というのは「新月の日を1日目としたときの15日目の夜」ということですが、この日に満月になるとは限りません。

ある日付が「満月の日」というのは、その日のうちに「月が望、つまり地球から見てちょうど太陽の反対方向を通る瞬間を迎える」ことを意味します。「新月の日」も「月がちょうど太陽と同じ方向を通る瞬間(朔)」を含む日です。

新月から新月まで(月の朔望周期)は約29.5日なので、新月から満月までは平均すると約14.8日ということになります。たとえば「1日の午後11時に朔」だとすると、十五夜は(14日後の)15日となりますが、望は平均的には14.8日後の「16日午後6時ごろ」なので満月の日は16日になり、1日ずれるわけです。

さらに、月の軌道が楕円であることなど様々な理由で、朔から望までの期間が14.8日からずれることもあります。こうした複合的な理由から、十五夜と満月の日は一致しないことが多くなるのです。

でも、やっぱり「秋の真ん中」は八月十五日なので、たとえずれていても十五夜が中秋の名月。このように立派な根拠があるのですから、しっかりと月を眺めたいものですね。

ちなみに、2017年の場合は10月6日の午前3時半ごろが望です(朔からの日数は15.55日)。つまり、5日の宵から6日未明にかけては望の直前、6日の明け方に望となった月が見え、「満月」6日の宵には望から半日以上過ぎたあとの月が見えることになります。

2017年の中秋の名月

2017年10月4日の「中秋の名月」。東京で真南の空に上るころ(夜10時半過ぎ)の見え方。望の約29時間前で、左(東)が少し欠けている。画像クリックで拡大表示。

今後10年間の、中秋の名月の日と満月の日

※2021年から2023年は日付が一致、その他の年は名月が1日か2日早い。

中秋の名月満月
2017年10月 4日10月 6日
2018年 9月24日 9月25日
2019年 9月13日 9月14日
2020年10月 1日10月 2日
2021年 9月21日 9月21日
中秋の名月満月
2022年 9月10日 9月10日
2023年 9月29日 9月29日
2024年 9月17日 9月18日
2025年10月 6日10月 7日
2026年 9月25日 9月27日

いろいろな月の呼び方

ここに挙げるものはいずれも「天文学的な用語」ではなく、また「一般に広まった、定着した」とは言えない言葉もあります。身の回りの話題として取り上げるのは(これら以外の呼び方も)自由ですが、いかにも公的、学術的な用語であるかのように誤認させたり、超常的な話題と結び付けて大げさに語られたりすることには気をつけたいものです。

十五夜:芋名月

中秋の名月(十五夜の月)は、芋をお供えすることから「芋名月」とも呼ばれています。

なお、広い意味では十五夜は旧暦八月十五日に限ったことではなく、旧暦の毎月十五日の夜を指す言葉です。

□

十六夜

十五夜の翌日の月は十六夜(いざよい)と呼ばれます。「いざよう」とは「ためらう」という意味で、前日十五夜の月よりも遅くためらうようにして出てくることからの呼び方です。

南米チリのALMA電波望遠鏡は66台のパラボラアンテナから構成されており、このうち日本が開発した16台には「いざよい」という愛称がつけられています。

□

立待月、居待月、寝待月、更待月

十六夜以降の月には、順に「十七夜:立待月(たちまちづき)」「十八夜:居待月(いまちづき)」「十九夜:寝待月(ねまちづき)」「二十夜:更待月(ふけまちづき)」の呼び名があります。立待月は「立って待っていると出てくる月」という意味で、その後「座って」「寝て」「さらに夜が更けて」となります。

□

十三夜:後の月、豆名月、栗名月

十五夜から約1か月後となる旧暦九月十三日の月は「十三夜」「後(のち)の月」と呼ばれており、この日にもお月見をする習慣があります(十五夜と同様、毎月十三日の夜が十三夜ですが、とくに九月十三日を指すことが多いです)。2017年は11月1日です。

豆や栗をお供えすることから「豆名月」「栗名月」とも呼ばれます。

□

スーパームーン

近年、一年のうちで最も大きく見える満月を指して「スーパームーン」という言葉が使われることがあります。2017年の場合は12月4日の満月(3日から4日にかけての月)がこれに当たります。

もともとは占星術師が提唱した言葉のようで、天文学的な定義はありませんが、「月と地球が最接近するタイミングの前後で、満月(望)もしくは新月(朔)となったとき、その月をスーパームーンと呼ぶ」というのが一つの説です。この意味では「タイミングが合えば、当年で2番目の大きさの満月でも」「新月でも」スーパームーンとなりますが、「満月のうちで一番大きく見えるもの」が、とくに広く話題になるようです。

月は地球の周りを楕円軌道で公転しているので、地球の中心から月の中心までの距離は約36万kmから40万kmの間で変化します。また、最接近の距離も一定ではなく、「近い最接近」と「遠い最接近」があります。2017年の場合、12月4日の17時45分ごろに月と地球が35.75万kmまで接近し、これが「満月の前後としては、2017年で最も月と地球が近い距離」になります。

2017年の満月の大きさ比べ

2017年の満月の大きさ比べ。最小は6月9〜10日、最大は12月3〜4日。画像クリックで拡大表示。

ただし、満月の見かけの大きさが変化する周期の中で考えると、さらに次の満月である2018年1月2日のほうが大きく見えます(すなわち、月と地球が近くなります)。後述する「アストロアーツの基準」では、2017年12月4日は「(当年最大だが)スーパームーンとは呼ばない」「2018年1月2日がスーパームーン」となります。

アストロアーツでの「スーパームーン」の考え方(言葉の使い方)

科学的な定義が決まっていない言葉ですが、アストロアーツでは現状“「月の近地点通過(月と地球が最接近するタイミング)」と「満月の瞬間」が「12時間(半日)以内」の場合、その前後の夜に見える満月”を指してスーパームーンと表記しています。「これが正しい」ではなく「このように考えることにしている」ということです。

  • 2017年12月4日の場合は約17時間差、2018年1月2日では約4.7時間差です。

※ライターに依頼した記事の場合等は、筆者の考えを尊重して(上記基準とは異なっていても)スーパームーンの呼び方を使用することがあります。

なお、望(満月)と、月と地球の最接近とのタイミングの一致は、満月14回ごとに起こります。2018年1月2日の次(14回後)は2019年2月20日、その次は2020年4月8日、…となります(いずれも差は12時間以内)。

また、朔(新月)と、月と地球の最接近とのタイミングが一致したのは、前回は2017年5月26日で、これは「2017年で最も月と地球が近づいた」直前(5.6時間前)でした。次回は5月26日から数えて14回後の新月である2017年7月13日です。

ブルームーン、ブラックムーン

1か月の間に2回満月があるとき、その2回目の満月のことを「ブルームーン」と呼ぶことがあります。もともとは「一つの季節の間に4回満月があるときの3回目の満月」を指す言葉だったようですが、現在では「ひと月で2回目の満月」のほうがよく知られています。実際に満月が青く見えるわけではありません。

前回は2015年7月31日の満月がブルームーンでした。次回は2018年1月31日の満月がブルームーンですが、この日は皆既月食が起こるので「ブルームーンが赤く見える」ことになります。

□

一方、ブラックムーンはブルームーンの反対で、「1か月のうちで2回新月があるとき、その2回目の新月」を指して使われることがある言葉です。この呼び方に従うと2016年10月31日、2019年8月30日、などの新月がブラックムーンです。

なお、「満月や新月の瞬間」は世界共通ですが、そのタイミングを含む日付は場所によって1日前後することがあります。たとえば2018年1月31日は日本では満月ですが、ニュージーランドでは翌日2月1日が満月(の瞬間を含む日)となるので、もしニュージーランドに同様のブルームーンの考え方があったとしても、この日は該当しないことになります。

ブルームーンなどに限らず(月に限らず一般に)、とくに海外発のニュースなどでは、それが日本時間でも同様かどうか気をつけるようにしましょう。

ブラッディムーン、ストロベリームーン

ブラッディムーンは「血のように赤い」月。地平線近くにあり地球の大気の影響で赤く見える満月や、皆既月食中の満月を指して呼ぶことがあります。

これの類推で「ストロベリー(フル)ムーン」も赤い満月のことだと思われがちですが、色とは無関係に一部の北米先住民族の間で「イチゴの収穫期に当たる、6月の満月」を指して呼ばれていました(参照:Full Moon Names (The Old Farmer's Almanac))。

月について、もっと知りたい方は

星ナビ.comの「こだわり天文書評」月に関する本の書評を掲載しています。科学的に、文化的に、あるいは鑑賞の対象として、月をより深く知ってみましょう。

□

「アストロアーツ オンラインショップ」では月を観察するのに適した扱いやすい天体望遠鏡をはじめ、月球儀やBlu-rayなど様々なグッズを扱っています。

□

月面X、皆既月食、…

中秋の名月以降も、月が関係する様々な天文現象が起こります。

10月27日宵 月面X

上弦のころ、月の欠け際のところに「X(エックス)」の模様が見える現象です。月のクレーターの壁に太陽光がちょうどいい角度で当たるタイミングで見られるもので、年に数回起こります。月の高度や空の明るさの関係から「上弦なら毎回見られる」とは限りません。

10月27日(上弦の1日前)の「月面X」は20時前後が観察チャンスとなります(月没は23時〜23時半ごろ)。写真を参考に「X」が見える位置を確かめ、天体望遠鏡で眺めたり撮影したりしてみましょう。

□

今年8月29日の宵に見られた月面X(撮影:shakemidさん)。画像クリックで投稿画像ギャラリーのページへ。

2018年1月31日宵〜深夜 皆既月食

地球の影(本影)に月が全部入り込み、赤銅色の満月が見える皆既月食が、2018年1月31日の宵から深夜にかけて見られます。20時48分ごろに欠け始め(本影食の開始)、21時52分ごろから皆既食となります。皆既状態は1時間ほど続き23時9分に皆既食が終了、そして2月1日の0時12分に欠け終わり(本影食の終了)です。時刻は全国共通です。月の高度もじゅうぶん高く、非常に見やすい皆既月食です。冬の豪華な星々と共に観察して楽しみましょう。

2018年は7月28日の未明にも皆既月食が起こり、このときは欠けた月が西の地平線に沈んでいく「月没帯食」となります。

ステラナビゲータで月食をシミュレーション
›› ステラナビゲータで月食をシミュレーション(2014年の例)

□

2015年4月4日に起こった皆既月食(撮影:いんぱるすさん)。地球の影の中心に近いところほど赤銅色が濃くなる様子がわかる。画像クリックで投稿画像ギャラリーのページへ。

このほか、月が恒星や惑星の手前を通り過ぎて隠す現象(恒星食、惑星食)や、明け方の空で細い月と金星が並んで見える現象なども起こります。「現象ガイド」などを参考に、月が作り出す美しい天文現象を楽しんでみてください。