金星をシミュレーション - 活用しよう

「ステラナビゲータ」を使うと、金星と月が並んで見える日付や時間帯をシミュレーションして、観察や撮影のチャンスを調べることができます。また、金星を天体望遠鏡で観察するとどのような形に見えるのか、太陽系の中で地球と金星との位置関係がどうなっているのか、なども詳しくわかります。

金星と月が並ぶ日付を調べる

会合検索

  • 「会合検索」機能を使うと、金星と月が接近する日時を調べることができます
    (リストに表示されるのは最接近するタイミングなので、実際に空で見ることができる時間帯はその前後になることがあります)
  • 「クイックアクセスバー」にも、星図の日付と場所で起こる天体同士の接近などが表示されます

金星の形の変化をシミュレーション

半月状の金星

  • 「視野範囲バー」や、「視野」メニューの「視野範囲」機能で、視野(星図の表示範囲)を設定できます。
    視野を小さくする(星図を拡大する)と、金星の見かけの形状がわかりやすくなります
  • 惑星の表示倍率を大きくすると、金星の形状がさらに見やすくなります
  • 「天体情報パレット」の「中央固定」ボタンで、金星を星図の中央に固定できます。
    固定した状態で日付を変えると、金星が満ち欠けして見かけの形状が変化していく様子をシミュレーションできます
    (日付や時刻によっては、金星が地平線の下に入ってしまうこともあります)

太陽系モード

惑星の配列

  • 表示形式を「太陽系」にすると惑星の位置関係がわかり、日付を進めて惑星の公転の様子をシミュレーションできます

金星に関する様々な機能やコンテンツ

ステラパネルで金星関連のコンテンツや機能を表示

  • 「ステラパネル」で「金星」を検索すると、金星に関する天文現象や金星のデータ、金星の表示設定を行うための機能などが一覧表示されます。