アップデータ

ステライメージ9の機能追加や不具合修正を行うアップデータ(更新プログラム)を提供しています。随時更新されますので、常に最新の状態にしておくことをおすすめいたします。 不具合が発生した際は、まず最新アップデータのインストールをお試しください。

最終更新

更新日 バージョン ダウンロード ファイルサイズ リリースノート
2022/07/27 9.0kアップデータ Si9up90k.exe   100MB Si9up90k.txt

更新手順

  1. 下記のいずれかの方法でアップデータをダウンロードします。
    • アプリから(推奨):
      「ステライメージ」の[ヘルプ]→[ステライメージの更新確認]をクリックすると、現在の状態より新しいバージョンが公開されているかどうかを自動チェックします。新しいアップデータがあれば、画面にしたがってダウンロードしてください。
    • 下記リンクから:
  2. ダウンロードしたプログラムファイルをダブルクリックで実行し、表示にしたがってインストールを進めます。
    ※アップデータ実行時に「Windows によって PC が保護されました」画面が表示される場合は、「詳細情報」→「実行」ボタンをクリックして進めてください(ウェブヘルプ 
  3. アップデートが完了したらステライメージを起動し、[ヘルプ]メニュー →[ステライメージについて]をクリックして、「バージョン情報」ダイアログに「9.0kアップデータ」の表記があることをご確認ください。

主な機能追加・修正

9.0k(2022/07/27)

不具合修正

画像読み込み
  • OM SYSTEM OM-1 が出力した特定の ORF 形式ファイルが読み込めない

9.0j(2022/07/22)

不具合修正

自動処理モード(コンポジットパネル)
  • Nikon Z 9 が出力した NEF 形式ファイルを追加するとアプリケーションが強制終了する

9.0i(2022/07/21)

不具合修正

画像読み込み
  • Nikon Z 9 が出力した特定の NEF 形式ファイルが読み込めない

9.0h(2022/07/12)

機能追加・改善

画像読み込み
  • Nikon Z 9 が出力した NEF 形式ファイルの読み込みをサポート

不具合修正

自動処理モード(コンポジットパネル)
  • サムネイル色調設定の状態がアプリケーション終了時に保存されない

9.0g(2022/06/02)

機能追加・改善

画像読み込み
  • OLYMPUS OM-D E-M10 Mark IV / PEN E-P7 が出力した ORF 形式ファイルの読み込みをサポート
  • OM Digital Solutions OM SYSTEM OM-1 が出力した ORF 形式ファイルの読み込みをサポート
  • PENTAX K-3III が出力した PEF 形式ファイルの読み込みをサポート
  • SONY α7 IV が出力した ARW 形式ファイルの読み込みをサポート
  • SONY α1 が出力した ARW 形式ファイル(Lossless圧縮)の読み込みをサポート※ベータ版対応

不具合修正

自動処理モード(コンポジットパネル)
  • 画像リストにフラット、フラット用ダーク画像を追加すると、自動位置合わせが正常に行われないことがある
詳細編集モード
  • 「コンポジット:バッチ」ダイアログで、アクティブ画像に指定した基準点によるずれの計算が行われない

9.0f(2022/04/21)

機能追加・改善

画像読み込み
  • Canon EOS R3 が出力した CR3 形式ファイルの読み込みをサポート
自動処理モード(コンポジットパネル)
  • CMOS カメラで撮影した画像向けに処理を最適化色調や階調などが向上
詳細編集モード
  • 「コンポジット」「RGB合成」「CMY合成」ダイアログに、指定(または各チャンネル)画像のサイズ調整機能を追加
  • 「コンポジット:バッチ」ダイアログで、ファイルから追加したカラー及びベイヤー配列の FITS 形式ファイルに対して位置合わせ、コンポジット時のメモリ使用量を削減

9.0e(2022/03/01)

不具合修正

画像読み込み
  • ZWO / Player One CMOS カメラの出力したベイヤー配列のビニング画像が、正常に読み込まれないことがある
  • SharpCap 4.0 で撮影した FITS 形式ファイルで、ベイヤー・RGB変換が正常に行われない
  • 「読み込み後にオートストレッチを実行」を有効にすると、画像に縦縞のノイズが入ることがある
動画読み込み
  • 動画からフレームを読み込んだ際に、フレームの画像位置がずれることがある
自動処理モード(コンポジットパネル)
  • 「サムネイル色調」が正常に働かないことがある
  • ベイヤー配列の FITS 形式ファイルをコンポジットするとレベル値が異常になる
  • 特定の条件下で、メトカーフコンポジットができない
詳細編集モード
  • ワークフローで、ベイヤー・RGB 変換が正常に働かないことがある
  • カラー画像を開いた状態で RGB 合成を行うと、アプリケーションが強制終了する
  • LRGB/WCMY 合成で、画像の一部しか合成されないことがある
  • LRGB/WCMY 合成で、特定のサイズの RGB 画像を選択した際にアプリケーションが異常終了することがある
  • 選択マスクを使用してフィルタ処理を実行すると、画像が黒く塗りつぶされる
  • ホット/クールピクセル除去の演算結果が、特定の条件下で不正な値になる

9.0d(2021/09/13)

機能追加・改善

  • Canon EOS Kiss M2 が出力した CR3 形式ファイルの読み込みをサポート
  • Nikon Z 6II / Z 7II が出力した NEF 形式ファイルの読み込みをサポート
  • SONY α7S III / α7C / α1 / α7R III A / α7R IV A が出力したARW 形式ファイルの読み込みをサポート
  • SharpCap 4.0が出力するベイヤー配列の FITS 形式ファイルに対応
  • 【自動処理モード】前処理設定に「詳細設定」を追加   - フラット補正の「ガンマ」「オフセット」設定をサポート
  • 【自動処理モード】画像リストの「並び替え」の項目に「明るさ」を追加
  • 【自動処理モード】Canon CR2 形式ファイル読み込み時のサムネイル表示の画質を向上
  • 【自動処理モード】CMOSカメラのゲインおよび撮像温度の表示に対応
  • 【自動処理モード】自動位置合わせ処理を高速化
  • 【自動処理モード】TIFF 形式ファイルの読み込みを高速化
  • 【詳細編集モード】RAW 画像読み込み時の現像設定に「サムネイル色調」を追加

不具合修正

  • ベイヤー配列の FITS 形式ファイルの現像時、ホワイトバランス設定が正常に働かない
  • 【自動処理モード】特定の条件下の画像でコンポジットに失敗することがある
  • 【詳細編集モード】LRGB/WCMY合成で、合成処理が画像の一部にしか反映されないことがある
  • 【詳細編集モード】選択マスクを有効にすると、チャンネルパレットの輝度値表示が 0 になる
  • 【詳細編集モード】選択マスク有効時、Gチャンネルが処理されない(2021-09-15修正・差し替え)

9.0c(2021/04/07)

  • 起動時に仮想メモリ構築に失敗すると強制終了する
  • 特定の画像サイズで画像処理を行う強制終了することがある
  • モノクロモードに切り替えて特定の画像処理ダイアログを開くと強制終了する
  • Windows のフォントサイズを切り替えると「FITSヘッダ」ダイアログの文字が重なることがある

9.0b(2021/02/01)

  • 範囲選択を行った状態で自動レベル調整を行うと、強制終了する
  • 特定の画像サイズでコンポジットを実行すると強制終了する
  • ステライメージ終了時に、仮想記憶フォルダが削除されないことがある
  • 仮想記憶の残り容量が足りない状態で画像処理を継続すると、強制終了する

9.0a1(2020/12/28)

  • 「加算平均(σクリッピング)」「中央値」コンポジットの高速化と安定性向上
  • ファイルから追加した画像の位置合わせで、メモリ使用量を削減
  • スライダ等の表示遅延の修正
  • TIFF画像の読み込み不具合対応

9.0a(2020/12/21)

機能追加・改善

自動処理モード
  • コンポジットパネルで「比較明」コンポジットを行うと前処理の「オートストレッチを使う」が正常に機能しない
  • 画像調整パネルの「カラー調整」のチェックをオフにしても、画像表示ウィンドウの調整結果に反映されないことがある
  • 画像調整パネルで「スターシャープ」「スターエンハンス」の調整を行うと、画像表示ウィンドウの結果画像に白く格子状の線が表示されることがある
  • 画像調整パネルの「スターエンハンス」の数値を直接入力して指定すると、「セルフフラット」の調整が実行されるまた、指定した値が「セルフフラット」のプリセットに登録される
詳細編集モード
  • 画像の一部を範囲選択し、コピーを行うとアプリケーションが強制終了することがある
  • 「環境設定」ダイアログで、コンポジットパネル「処理画像フォルダ」のデフォルトフォルダが選択肢で重複して表示されたり、消えたりすることがある
  • 「画像解像度」ダイアログで、幅と高さに大きな値を設定してメモリ不足が発生するとアプリケーションが強制終了する
  • L画像とRGB画像を読み込んだ状態で「LRGB/WCMY合成」ダイアログを開くと、アプリケーションが強制終了することがある
  • 「コンポジット:バッチ」ダイアログで、位置合わせ画像を保存するとき保存先のフォルダを指定すると「パラメーターが間違っています」というエラーが発生する
  • 「セルフフラット補正」ダイアログで、スライダの位置によりヒストグラムの縮小ができなくなることがある
  • 「セルフフラット補正」ダイアログで、「最大値」の値にヒストグラムの範囲外の値を入力すると、スライダが表示されない
  • 「周辺減光/カブリ補正」ダイアログで、周辺減光のレベル値を示すグラフにおいて水平・垂直の表示を切り替えられない
  • 「カメラ選択」ダイアログで、機種の一覧が一部文字化けする
動画処理
  • 「手動コンポジット:動画フレーム」ダイアログで、対象フレームリストに追加されたフレーム数が、フレーム選択した枚数より1枚少ない

今後の対応予定

更新:2022/07/12

※修正予定はありません。