News
プラネットタウンがEM200を
スカイセンサー2000で
制御できるモジュールを発売


 有限会社プラネットタウンは、タカハシEM200をスカイセンサー2000で制御させることのできるモジュール「マーキュリー」の発売・取り付けを開始した。「マーキュリー」はスカイセンサー2000を各種赤道儀にに取付けるための部品とノウハウの総称で、主な特徴は以下のとおり。

  1. 最高1000倍速(実用的な速度300〜500倍速)で自動導入が行なえる。
  2. スカイセンサー2000の3点アライメント機構などを利用して、高精度な極軸合わせが行なえる。
  3. コストパフォーマンスが高い。
    ■マーキュリーフルセットが128,000円(マーキュリー本体+スカイセンサー2000本体+取付け費用含む)
    ■マーキュリーモーターセットが88,000円(マーキュリー本体+スカイセンサー用モーター+取付け費用含む、ただしスカイセンサー2000、Ver.1.08以降をお持ちの方)


 過去のニュースでも株式会社誠報社のタカハシNJP、ペンタックスMS55i赤道儀とスカイセンサー2000を接続する新製品を紹介したが、今回プラネットタウンが発売する「マーキュリー」も、コンセプトは同じで、スカイセンサー2000の持っている高機能を手持ちの赤道儀で実現するためのユニットだ。プラネットタウンでは、EM200以外にも、マークX、JP、アスコ社製、ミカゲ社製赤道儀にも「マーキュリー」を移植中とのこと、こういった機能が比較的安価で自分の赤道儀に組み込めることは、おおいに歓迎すべきことだ。これからも、より多くの赤道儀に移植されるとのことで楽しみではあるが、現行のスカイセンサー2000では、パソコンからの制御が行なえないなど残念な点もある。(スカイセンサー3Dはパソコンで制御できる。)ノートパソコンなどの普及で、天文シミュレーションソフトなどから制御を行なうなど、環境の統合を望んでいるユーザは多い。高機能なスカイセンサー2000だが、それだけに、さらなる進化に期待したい。

 詳細はプラネットタウンWWWサイト「デジタル天文館プラネットタウン」で公開されている。


 AstroArts Copyright(C) AstroArts Inc. All rights reserved.