ステラナビゲータ 20周年

ステラナビゲータ 20周年 ありがとうございます

今から20年前の1992年7月28日、NEC PC-9801用天文シミュレーションソフトウェア「ステラナビゲータ」が発売されました。

そもそもの経緯は、社員の天文好きがこうじて会社設立に至ったことでした。自分たちが観測遠征に出かけた時に使えるものを、ということで企画・制作を始めたまではよかったものの、細部に至るまでこだわりにこだわったものとなり、機能を盛り込み過ぎて、マニュアルは750ページもある電話帳のような厚さ、価格も19,800円と“ボリュームたっぷり”のものになってしまいました。

発売当日、秋葉原の某販売店の店頭に数百本の「ステラナビゲータ」が山積みに展示された光景には本当に感激したものです(今思えば夢のようで、当時のバブリーな時代が思い出されますが)。当時としては非常に高価にも関わらず、多くの天文ファンの皆様のご支持のおかげで、発売初年度に数万本の売上を達成いたしました。

現在当社では、全天周デジタルプラネタリウム「ステラドーム・プロ」の開発・制作を手がけております。パソコンで描画した精細な星空を大型のドームに投影することで、それまで一般的であった機械式のプラネタリウムでは実現できなかったさまざまな星空の表現が可能になり、国内外各地のプラネタリウムで活躍しています。

また個人のお客様向けには、ニンテンドーDS用「星空ナビ」やスマートフォン用「iステラ」「スマートステラ」など、気軽に星空に親しむためのソフトウェアも提供しております。

20年を経てこれらの天文ソフトの原点であり続けているのが、「ステラナビゲータ」です。ケータイ向けアプリから大型ドーム投影用デジタルプラネタリウムソフトに至るまで、当社の星図表示ソフトウェアの全てに「ステラナビゲータ」の星空描画エンジンが組み込まれています。今後もさまざまなプラットフォームに対応した星空ナビゲーションソフトウェアを制作してまいりますので、ぜひ楽しみにしていただきたいと思います。

バージョンアップを重ねた「ステラナビゲータ」は、現在Ver.9を販売するに至っています。このソフトには、20年間にわたり様々な用途でお使いいただく中で貴重なご意見・ご要望をお寄せくださった皆様のお気持ちも込められていると考えております。これまで「ステラナビゲータ」を支えてくださったユーザーの皆様に心より感謝申し上げます。

これからもより多くの皆様にご愛用いただけるソフトを目指して、さらなる製品制作に励んでまいります。「ステラナビゲータ」ならびに「アストロアーツ」を、引き続きよろしくお願いいたします。

2012年6月  株式会社アストロアーツ
代表取締役社長 大熊正美