デジタルカメラ四季を走る鉄道撮影術 プロに学ぶ作例・機材・テクニック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美しい四季の風景とともにフォトジェニックに鉄道を撮影しよう!
「デジタルカメラ四季を走る鉄道撮影術 プロに学ぶ作例・機材・テクニック」

デジタルカメラ四季を走る鉄道撮影術 プロに学ぶ作例・機材・テクニック

鉄道写真というと、沿線や駅のホームなどで列車をメインに撮影するものというイメージがありますが、最近の鉄道写真のトレンドは従来からの「形式・編成写真」にとどまらず、美しい風景とともに鉄道を撮影する「鉄道風景写真」や、作者の感性や意図を反映させた「鉄道イメージ写真」なども盛り上がってきています。

そこで、アストロアーツでは「デジタルカメラ野鳥撮影術」以来、ご好評をいただいている「撮影術シリーズ」の1冊として本書を出版することにいたしました。

著者はこの分野の写真家として定評のある長根広和氏にお願いしました。鉄道ファンはもちろんのこと、普段は風景写真を撮影しているみなさんにも、鉄道を取り入れた鉄道風景写真の楽しさを感じて頂ける内容となっています。

また、筆者が厳選した100カ所におよぶ「撮影地ガイド」も収録。さらに、スマートフォンで便利なGoogleMapのQRコードとカーナビで便利なマップコードも記載。本誌で得た知識とともに掲載された撮影地に出かければ、きっと素晴らしい作品が撮れるはずです。

プロフィール

プロフィール

写真・解説 長根広和(Hirokazu Nagane)

1974年横浜生まれ。武蔵工業大学(現 東京都市大学)工学部卒業後、鉄道写真家・故真島満秀氏に師事。2009年真島満秀写真事務所を継承し、(有)マシマ・レイルウェイ・ピクチャーズを設立。青春18きっぷなどのJRヴィジュアルポスターや時刻表表紙写真をはじめ、鉄道誌、カメラ誌などで活躍。近年は写真専門誌での鉄道撮影テクニックの解説や、鉄道撮影地ガイドの執筆などにも力を入れている。車両そのものの機能美や力強さを表現した写真に定評がある一方、ドラマチックな鉄道風景写真にファンが多い。「列車の音が聞こえてくるような作品」をモットーに日々鉄道を追いかけている。公式サイト:ブログ「せんろばた日記

製品について

  • 書名/デジタルカメラ四季を走る鉄道撮影術 プロに学ぶ作例・機材・テクニック
  • 判型、ページ/A4変型判(ムック)、カラー128ページ
  • 発売日/2014年4月19日
  • 写真・解説/長根広和
  • 編集、発行/株式会社アストロアーツ
  • 発売/株式会社KADOKAWA
  • 定価/2,160円(税込)
  • ご注文、お買い求めは全国の書店、Amazon、または、アストロアーツ オンラインショップでどうぞ

ページの先頭へ

panel 1
panel 2
panel 3
panel 4