デジタルカメラ飛行機撮影術 プロに学ぶ作例・機材・テクニック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

達人が伝授する空撮影のバイブル
「デジタルカメラ昼と夜の空撮影術
プロに学ぶ作例・機材・テクニック」

デジタルカメラ飛行機撮影術 プロに学ぶ作例・機材・テクニック

空はさまざまな被写体にあふれ、気象条件や時間帯によってもその表情を大きく変えます。本書は、第1部 入門編で撮影地の決め方や、どのような流れで撮影していくのかをチュートリアル形式で解説。第2部 基礎編①では、撮影に必要なカメラやレンズ、機材の使い方や設定について解説しています。3部 基礎編②では、空を撮影する際に知っておきたい気象や、太陽や月、星の動きなどの基礎知識についてまとめました。第4部 上級編では、被写体やシチュエーションに応じた撮影テクニックを実際の作例とともに解説しています。

達人のプロフィール

武田康男プロフィール 写真・解説 武田康男(たけだやすお)

1960年東京都生まれ、小学生のころから天体など空の写真を撮り始める。高校理科教諭として地学部・山岳部・写真部などの顧問を務め、第50次南極地域観測越冬隊員に。現在は非常勤で大学等で自然環境などを教え、気象予報士、空の写真家として撮影・執筆・講演などを行っている。著書に「楽しい気象観察図鑑」「世界一空が美しい大陸 南極の図鑑」(ともに草思社)、「雲の名前、空のふしぎ」「不思議で美しい「空の色彩」図鑑」(ともにPHP研究所)など多数。

製品について

  • 書名/デジタルカメラ昼と夜の空撮影術 プロに学ぶ作例・機材・テクニック
  • 判型、ページ/A4変型判(ムック)、カラー128ページ
  • 発売日/2015年6月22日
  • 写真・解説/武田康男
  • 編集、発行/株式会社アストロアーツ
  • 発売/株式会社KADOKAWA
  • 定価/2,160円(税込)
  • ご注文、お買い求めは全国の書店、Amazon 、またはアストロアーツ オンラインショップでどうぞ

ページの先頭へ

panel 1
panel 2
panel 3
panel 4