(2022年5月号 表紙)

「月刊星ナビ 2022年5月号」

2022年4月5日(火)発売

定価:1,080円(税込)  送料:150円

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

定期購読のご案内 タブレットやPCで読む電子版のご案内

★主な内容(詳しくは → 紹介ニュース

毎朝早起き! 見る・撮る 春の惑星集合 解説/浅田英夫・谷川正夫

4月から5月末にかけて、明け方の空には惑星たちが大集合。薄明色の美しい空の中で毎日位置を変えていく光景は見逃せない。肉眼・双眼鏡・望遠鏡で見たり、撮影したりして楽しもう。

15万円で始める楽しい電視観望 解説/渡邉耕平

電視観望は美しい星雲が手軽かつ簡単に見える観望方法だ。最近では電視観望がしたくて機材を揃えるビギナーも増えてきた。今回は、予算15万円で機材一式を揃えて「電視観望デビュー」する方法を紹介する。

Deepな天体写真 市街地で星雲撮影6 コンポジット正攻法と爆速ウラ技 解説/あぷらなーと

天体画像処理にはいろいろな手順や工夫が必要だ。前回は1コマを処理する基本的な方法を紹介したが、今回は数十コマの画像を合成して画質を向上させるために、ステライメージを用いたコンポジット処理を解説する。

網状星雲
画像処理体験用ftsデータの処理例

画像処理体験元素材:網状星雲のftsデータ(4144×2822ピクセル×32コマ/提供:あぷらなーと)
記事で紹介した画像処理素材「網状星雲」のftsデータ(×32コマ)を提供します。星ナビ5月号の記事を見ながら「ステライメージ9」で画像処理を体験することができます。注意事項などは同梱のreadme.txtを参照してください。

鎌倉殿の星鏡 『吾妻鏡』に残された天の記録 解説/塚田 健

鎌倉時代末期に書かれた歴史書『吾妻鏡』には多くの天文記事がある。ステラナビゲータで当時の空を再現しながら、記述から読み取れる鎌倉武士たちの天文観・幕府の姿を案内する。

星のソムリエが紡ぐ物語 『ダブル・ダブルスター』穂高明インタビュー 聞き手/梅本真由美

小説家・穂高明さんの最新作『ダブル・ダブルスター』は「こと座のイプシロン星」がタイトルの作品で、作中に野辺山宇宙電波観測所が登場するのも印象的だ。星ナビ愛読者でもある穂高さんに、作品と星空についての思いを聞いた。

■
15万円で電視観望
■
誌上CP+で新製品チェック
■
フルムーンヨガでリラックス
■
鎌倉殿が見上げた星空
■
野辺山が舞台の小説

★News Watch

★コーナー連載

星ナビ.com