(2020年12月号 表紙)

「月刊星ナビ 2020年12月号」

2020年11月5日(木)発売

特別定価:1,200円(税込)  送料:150円

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

定期購読のご案内 タブレットやPCで読む電子版のご案内

★主な内容(詳しくは → 紹介ニュース

綴じ込み特別付録「星空カレンダー2021」
表紙
□
3月、4月のカレンダー
□
創刊20周年記念第2弾 感謝のスペシャルプレゼント

11月号特別付録「星空未来カレンダー2021-2040」に続く星ナビ創刊20周年記念企画第2弾。各方面から提供していただいた20カテゴリー40アイテムを、ご愛読感謝として総計60名様にプレゼントする。また、「星ナビ」連載陣も創刊20周年にまつわる記事を執筆した。

「はやぶさ2」ミッションレポート#14 6年の軌跡と新たな旅へ 「はやぶさ2」の帰還 解説/中野太郎

12月6日、「はやぶさ2」が地球に帰還する。理学・工学分野で数々の成果を挙げた「はやぶさ2」のハイライトを振り返るとともに、次の目的地などの最新情報を紹介する。

機材セレクション スマホ世代のスマート望遠鏡 eVscope 試用・解説/菊田智史

eVscopeはスマートフォンアプリでの自動導入やリアルタイム画像処理が特徴の新時代の望遠鏡だ。その実力や天文普及活動への活用、天文学的な可能性をレポートする。

象+亀+蛇が支える大地の起源を考察 作られた「古代インドの宇宙観」 解説/廣瀬 匠

図鑑や展示で目にすることがある「人が住む大地を象、亀、蛇が支える絵」はインドの神話や古文書には見当たらない。誤った宇宙観はどのように生まれ、広まったのだろうか。

マユコの星ナビch 突撃!ラボ訪問 紹介/マユコ

天文大学院生YouTuberの「マユコ」が天文学者に突撃インタビュー! 今回のゲストは植物生理学が専門の研究者。YouTubeチャンネル「アスナロサイエンス」では、記事のこぼれ話もお届けする。

12月の注目天文現象 木星と土星が超接近 解説/あさだ考房
パオナビニュース 福島県田村市 星の村スターライトフェスティバル開催 報告/編集部
■
eVscope
■
「はやぶさ2」の帰還
(© HAYABUSA2〜REBORN製作委員会)
■
インドの天文観
■
京都市青少年科学センター プラネタリウムリニューアル
■
スターパーティ参加
■
20周年記念スタンプ

★News Watch

★コーナー連載

星ナビ.com