(2019年4月号 表紙)

「月刊星ナビ 2019年4月号」

2019年3月5日(火)発売

定価:940円(税込)  送料:150円

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

定期購読のご案内 タブレットやPCで読む電子版のご案内

★主な内容(詳しくは → 紹介ニュース

ソフトフィルターを使いこなして美しく星を滲ませる 解説・作例/北山輝泰

近年は星景写真撮影を目的とした専用のソフトフィルターが開発されるほど「滲み天体写真」に大きな注目が集まっている。ますます選択の幅が広がっているソフトフィルターの中から、星景写真撮影に最適な「滲み」を持つ一枚がどれなのかを考えていこう。

祝・着陸成功!3億km彼方の小さな星に手が届いた日 解説/中野太郎

2月22日、「はやぶさ2」ミッションの津田雄一プロジェクトマネージャから「リュウグウ着陸とサンプル採取の成功」が宣言されました。「はやぶさ2」ミッションレポートでは、運用チームの一番長い日を振り返ります。

Deepな天体写真「ラッキーイメージング3・撮影時の設定とLRGBによるカラー化」 画像・解説/宇都正明

「ラッキーイメージング」の最終回は、CMOSカメラのゲインとオフセットの設定や、デジタルカメラのカラー画像を使ったLRGB合成によるカラー化について説明します。

エーゲ海の風−第7回「星座の原型を伝えるホメロスとヘシオドス(後編)」 水先案内人/早水 勉

ホメロスによる『イリアス』『オデュッセイア』と、ヘシオドスによる『神統記』『仕事と日々』の中で、星座はどのように描かれているのでしょうか。具体的な記述から当時の星空や文化を読み解きながら、トロイア戦争の史実についても解説します。

双眼鏡マニア垂涎!明石へ「中島コレクション」を見に行こう 紹介/井上 毅

双眼鏡研究家・中島隆さんのコレクションで日本の双眼鏡の歴史をたどる「双眼鏡の歴史展」が明石市立天文科学館で開催中だ。光学マニア垂涎のお宝が約50点並ぶ展覧会の見どころをピックアップ。

■
ソフトフィルターの活用
(撮影/北山輝泰)
■
「はやぶさ2」タッチダウン
■
ラッキーイメージング最終回
■
双眼鏡の歴史展
■
「惑わない星」×「みお」

★News Watch

★Topics & Reports

★コーナー連載

星ナビ.com