(2019年1月号 表紙)

「月刊星ナビ 2019年1月号」

2018年12月5日(水)発売

特別定価:1,160円(税込)  送料:150円

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

定期購読のご案内 タブレットやPCで読む電子版のご案内

★主な内容(詳しくは → 紹介ニュース

綴じ込み特別付録「星空ハンドブック2019」
表紙
□
1月の星空と天文カレンダー
□
暮れる2018年×明ける2019年 星のゆく年来る年

もうすぐ2018年も終わり、新しい2019年が始まります。この一年で見上げた星空を思い出しつつ、新しい年の天文現象に想いをはせる特集です。

火星大接近と「はやぶさ2」が熱かった2018年 解説/谷川正夫・中野太郎・大野一郎・編集部

「ゆく年2018年」一番盛り上がったのはやっぱり火星の大接近。そして2度の皆既月食も楽しみました。2018年の天文界でどんなことが起こったのかを、天文現象、天文学・宇宙探査、天文普及、望遠鏡・カメラという4カテゴリーで振り返ります。

2回起こる部分日食に注目の2019年 解説/浅田英夫

2度の部分日食や月没帯食、彗星や注目の流星群を概観します。ヒヤデス星団やプレセペ星団が月に隠される現象も起こります。

タムロン×星ナビ 美ヶ原高原星景写真セミナー誌上ギャラリー レポート/北山輝泰

10月12〜14日、長野県は美ヶ原高原にて2泊3日の星景写真ワークショップが開催され、タムロンから参加者に新型レンズがモニター貸し出しされた。当夜に撮影されたカットを特設ギャラリーとして紹介しよう。

星ナビ×オリンパス Dノ星 Siの記憶「φ54mの白いコスモス」 案内/飯島 裕

星ナビ×オリンパス「星空写真コンテスト」の作品募集がスタート。オリンパスのカメラ・レンズで星景写真を撮る写真家の飯島 裕さんが審査をつとめるコンテストの概要を案内します。

「はやぶさ2」ミッションレポート4 報告/中野太郎

10月に行われた2回の着陸リハーサルは成功し、着陸に必要な機能も確認できた。その結果とともに、2019年分離予定の「MINERVA-II2」についても報告する。

12月の注目 解説/谷川正夫

46P/ウィルタネン彗星と、日本人が発見したマックホルツ・藤川・岩本彗星が明るくなっています。観察・撮影のポイントを解説。

続々見つかる月面アルファベット「月面K」も発見 紹介/中嶋秀夫
パオナビレポート「印刷がもたらした改革−新しい視点で感じる天文学」 取材/三浦飛未来
■
2018年の天文界を振り返る
■
2019年の注目は部分日食
■
「シュミット」新店舗でオープン
■
星景写真セミナー
■
星の神社に初詣しよう

★News Watch

★コーナー連載

星ナビ.com