■月刊星ナビ2018年12月号 お詫びと訂正

p13 星の召すまま

4コマ目の記載内容に誤りがありました。

誤 ご縁あって2017年北米皆既月食でご一緒して

正 ご縁あって2017年北米皆既日食でご一緒して

読者の皆さまにお詫びし、訂正いたします。

p16 「はやぶさ2」ミッションレポート #3

本文中に、以下の誤記および曖昧な記述がありました。

「MINERVA-II1」によるリュウグウ表面の画像撮影について

地球外の天体表面からの景色を撮影した「地球外風景写真」の例として、月・金星・火星・タイタンに次いで今回のリュウグウが史上5番目の天体と紹介しましたが、「2014年にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に着陸した『フィラエ』が同様の写真を撮影している」とのご指摘をいただきました。

したがって、正しくは「リュウグウが史上6番目の天体」となります。お詫びして訂正いたします。

宇宙空間に浮かぶ探査機の撮影例について

「宇宙空間に浮かぶ探査機を離れた視点から撮影した画像」の例として、過去には「IKAROS」を分離カメラから撮影した例「くらいしかないはずだ」と紹介しました。筆者の意図は、「何らかの飛行制御が行われている(=自由落下ではない)」探査機の「全体」を撮った例という意味でしたが、曖昧な表現であったことをお詫びいたします。

p28 今すぐ使ってみたい 星のアプリ

アプリ「モバイル星空ナビ」の紹介で、開発者名が抜けていました。「アストロアーツにて開発中」です。