(2018年9月号 表紙)

「月刊星ナビ 2018年9月号」

2018年8月4日(土)発売

特別定価:1,080円(税込)  送料:150円

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

定期購読のご案内 タブレットやPCで読む電子版のご案内

★主な内容(詳しくは → 紹介ニュース

綴じ込み特別付録「星座写真 定番構図集 秋・冬編」
表紙
□
秋、冬の星座
□ □
「美しい星座写真を撮る2」秋と冬の星座の狙い方 解説・作例/谷川正夫

きらめく星空には心惹かれる美しさがある。ただ眺めているだけで私たちに癒しを与えてくれる。そして、星座をたどり始め、いつしか神話を読む楽しみを覚える。そんな魅力ある星座を撮影し、きれいに仕上げ、星座絵を重ねたりするのもおもしろい。

CMOSカメラで惑星を撮る「4. 惑星動画の画像処理」 解説・作例/根本泰人

CMOSカメラで撮影した惑星の動画像の各フレームをスタック処理し、生成された画像をシャープ化することで惑星の模様を浮かび上がらせることができる。連載の最終回は、惑星動画の画像処理を解説する。

CMOSカメラで惑星を撮り「ステライメージ8」で仕上げる 解説・作例/根本泰人

天体画像処理ソフトの定番「ステライメージ8」がこの7月にアップデート。最新の8.0fアップデータで惑星動画の処理機能が強化された。英語オペレーションを強いられる海外製ソフトに苦手意識を持っている人には朗報だろう。さっそくその概要をレポートしよう。

エーゲ海の風−星座神話の向こうに広がる古代ギリシアの天文学 第5回 水先案内人/早水 勉

古代ギリシアの神々の中でも、人々に最も敬愛されている神はアテナでしょう。不思議と星座の神話には女神アテナの登場するものはほとんどありませんが、本流のギリシア神話ではアテナは最も重要な位置づけにあります。

地球の裏側で1年後に皆既日食 報告/上田敬司

次に起こる皆既日食は2019年7月2日の南米チリ〜アルゼンチン。日本からはもっとも遠い地域での皆既日食だ。日食まで1年をきったが、星ナビ編集部ではクラブツーリズムとセブンカルチャーネットワークとの協賛ツアーを企画中。観測候補地の下見も行った。

隕石は隕石を呼ぶ─2個目の長良隕石発見 報告/解説/三河内 岳

2018年4月号で岐阜市長良で発見された鉄隕石「長良隕石」について解説したが、発見の公表から1か月もしないうちに、2個目の「鉄のかたまり」が報告された。「長良2号」の発見である。

条件絶好のペルセウス座流星群とジャコビニ・チンナー彗星に注目 解説/浅田英夫
パオナビニュース「夏休みは銀座で体感!『過酷な宇宙への挑戦』」 取材/林 公代
■
秋・冬の星座を撮るコツ
■
ステライメージ8で惑星動画
■
愛される女神アテナ
■
4D2UでMitakaを体験!
■
銀座で宇宙への挑戦を体感
■
「3倍速い」スパコンを見学

★News Watch

★コーナー連載

星ナビ.com