GearBox ファームウェア更新

お知らせ

GearBox更新ファームウェア(1.2.121.3)を公開しました(2020/04/30)

ファームウェア更新の流れ

ステラショット2用コントロールボックス「GearBox(ギアボックス)」の不具合修正や機能追加を行うファイルです。本ファームウェアを使用して GearBox のファームウェアを最新の状態に更新することができます。

現在のファームウェアのバージョンによって更新方法が違いますので、以下の手順に従ってください。

製品付属マニュアル(p11)に記載の更新方法とは異なりますのでご注意ください。

現在のバージョンを確認する

  1. GearBoxを電源につなぎます(電源につなぐと約1分ほどでGearBoxが起動完了します)。
  2. Windowsのネットワーク接続リストから、GearBoxのWi-Fiアクセスポイントに接続します。接続するには、GearBox梱包箱の裏蓋に記載のSSIDとセキュリティキーを入力してください。
  3. PCのインターネットブラウザ(※)からGearBox画面(http://192.168.235.1/ )にアクセスします。
  4. ページ下部に画像のようにバージョン番号が表示されていれば、1.2.121.1 に更新済みです。更新済みでない場合は、番号自体が表示されません。(※2)

(※)Internet Explorer (IE) では正常に表示できません。次の推奨ブラウザのいずれかをお使いください:Google Chrome、Microsoft Edge、Mozilla Firefox、Apple Safari

(※2)アップデート直後に表示してもバージョンが表示されない場合は、ブラウザのキャッシュが働いていることが考えられます。ページの再読み込みを行うことで表示されます。

「アップデート」ボタンの下に「INDIGO Container 1.2.121.1」と表示された画面

(B)「最新の更新ファイルのダウンロード」に従ってGearBoxのファームウェアを最新の状態に更新してください

(A) 1.2.121.1ファームウェア更新(※SSIDが03以降で始まる場合は不要)

※SSIDが03で始まる場合、1.2.121.1ファームウェア更新は不要です。(B)最新の更新ファイルのダウンロードにお進みください。

以下のページから1.2.121.1更新ファームウェアをダウンロードします。GearBox が梱包されていた箱に貼られた「SSID」と「PASS」が必要となるのであらかじめお手元にご用意ください。ダウンロードしたファイル「GearBox_NOOBS_xxxxxx_1.2.0.zip(xxxxxxはお手元のSSID)」を展開します。展開したフォルダの中に、以降の手順を記した PDF ファイル(README.pdf)が含まれています。

製品付属マニュアル(p11)に記載の更新手順とは異なります。必ずダウンロードした「README.pdf」の手順にしたがってください。

GearBox ファームウェア更新

推奨ブラウザ:Google Chrome、Microsoft Edge、Mozilla Firefox、Apple Safari
※ Internet Explorer (IE) では正常に処理を行えないため、上記の推奨ブラウザをお使いください。

上記ページにアクセスが集中することにより、繋がりにくい状況となる場合があります。
上記ページが表示されない場合、大変ご不便をおかけしますが、しばらく時間をおいて再度お試しください。

修正に関する詳しい内容については「リリースノート(修正内容の一覧)」をご覧ください。

\

(B) 最新の更新ファイルのダウンロード

  1. 以下のファイルをダウンロードしてデスクトップなどに保管します。このファイル(tar.gz形式)はそのまま使うので、解凍ソフトなどから展開するか尋ねられた場合はキャンセルします。

    アップデータをダウンロード

    (ファイル名: gearbox-update-1.2.121.3.tar.gz / サイズ: 165MB)

  2. PCのインターネットブラウザからGearBox画面(http://192.168.235.1/ )にアクセスします。
  3. 青紫に白字で「アップデート」と書かれたボタンをクリックして、ダウンロードした更新ファイル(**.tar.gz)を選択します。
  4. 「アップデート開始」ボタンを押します。
  5. アップデートには数分かかります。この間にGearBoxとのWi-Fi接続を切断しないようご注意ください。
  6. 「アップデート成功」と表示されたら「再起動」ボタンをクリックします。この後Wi-Fi接続が一旦途切れます。
  7. 数分後に再び、Windowsのネットワーク接続リストからGearBoxのWi-Fiに接続します。
  8. インターネットブラウザからGearBox画面(http://192.168.235.1/)を表示します。GearBox のバージョンが「INDIGO Container 1.2.121.3」と表示されているのを確認できれば、ファームウェアの更新は成功です。
  9. 更新を終えたらGearBoxから電源ケーブルを外していただいて問題ありません。

主な機能追加・修正

1.2.121.3(2020年04月30日公開)

機能追加・改善

不具合修正

  • タカハシ Temma シリーズの天頂設定ダイアログが表示されないことがある
  • ミード LX200 シリーズの望遠鏡位置を取得できない。

1.2.121.1(2020年04月10日公開)

機能追加・改善

  • ファームウェア更新の手順を簡易化する仕組みを導入(次バージョン以降に有効)
  • デジタル一眼カメラ接続の安定性を向上(対象メーカー:キヤノン / ニコン / ソニー)
  • QHYCCD カメラ接続の安定性を向上
  • 起動速度の高速化

不具合修正

  • タカハシ Temma シリーズの接続直後に、望遠鏡の座標を正しく取得できないことがある
  • GearBox の起動前に QHYCCD カメラのケーブルを接続すると、カメラを認識しない