天体画像処理ソフト ステライメージ8

よくある質問と回答(FAQ)

「BackyardEOS」で撮影したキヤノンのCR2ファイルを開けない

質問

「BackyardEOS」というソフトで撮影したキヤノンのCR2ファイルを開くことができません。

回答

BackyardEOSはキヤノン EOSシリーズのデジタルカメラをリモート制御できるシェアウェアですが、これで撮影と画像保存を行うと、CR2ファイルの中にこのソフト独自の形式で撮影情報などが記録されます。

調査の結果、この独自形式の情報がCR2ファイルに含まれていると、ステライメージで画像を開けなくなることが判明しました。

この問題につきましては、現在ステライメージ側で何らかの対応が行えるか検討をしております。

暫定的な回避方法として、以下の手順でBackyardEOSが付加情報を記録しないように設定を変更すればステライメージで画像を読み込むことができます。

  1. BackyardEOSの[Setting]ボタンを押す。

  2. Settingsダイアログの[Advance Settings]ボタンを押す。

  3. 「Advance Settings」ダイアログの[Performance and Stability Settings:]の中にある[□ Skip WRITE Exif data]をオンにして[Save]で保存する。

※上記の設定方法はBackyardEOSのバージョンアップ等により仕様が変わる可能性がございます。詳しくはBackyardEOSの最新バージョンのマニュアル等をご参照ください。