PbO100SDUFによる二重星団

*

シャッターを閉じて数秒、液晶モニターに浮かび上がってくる「二重星団」を見てると、まだ103aやカラーネガでの撮影が一般的で無かった頃、トライXで撮影して自分で印画して現像液のバットの中で浮かび上がってくる安全光下の「二重星団」を思い出してしまいました・・・昔の話です。(片山 徹)

#6507
2011年11月26日 0時22分0秒 露出 12分
90sec×8
静岡県 天城高原
望遠鏡:ペンタックス 100SDUF
カメラ:キヤノン EOS Kiss X4
ISO3200、長時間と高感度のNRを共にoff、L41フィルター、P2-Zで自動ガイド
400mm
StellaImage6.5で共通ダークを引いて8コマ加算平均コンポジットして処理、Photoshop5.0も使用しています。上が北でノートリミングです。
11/25に天城高原で片山(PbO)撮影からの2ndリリースです。100SDUFで星団を撮ると少し星がポッチャリして(ピントが甘いだけかもしれませんが)昔の銀塩の望遠レンズで撮った様な、何処かノスタルジックな感じになります。