PbOVISACによるM42

*

「星ナビ」2月号の特集を極端にした様な試みです。(fl=1278mm F6.4 ISO6400 露出60秒 赤道儀はP-2Zですから)生成したJPEGファイルを見るとオリオン大星雲の左翼は中央部で輝いている星雲の手前にラクダのクビの様な感じで入ってきている暗黒星雲が照らされている様に見えたので、その部分を更にトリミングしてみました(右画像)簡便な撮影と処理で画質も良くないですが、なかなか面白いです。(片山 徹)

#4476
2011年1月9日 20時56分0秒 露出 60秒
60sec×1
静岡市 富士見峠
望遠鏡:ビクセン VISAC
カメラ:キヤノン EOS KISS X4
ISO6400、VISAC+純正レデューサ(合成fl=1278mm 合成F6.4)、タカハシ P2-Zで自動ガイド
1278mm
長時間と高感度のNRを共にoffにして生成したJPEGの1枚画像をStellaImage6とPhotoshop5.0で処理、オリオン大星雲付近をトリミングしていて、右の画像は左の画像から更に星雲の左翼をトリミングした画像です。
1/9富士見峠で友人の小林氏(PbO)と片山(PbO)で共同撮影からの1stリリースです。RAWからの処理も進めていますが、同時に生成されるJPEGファイルがナカナカ良かったので、JPEG1枚画像をとりあえず処理してみました。(JPEG画像のコンポジットも面白いかもしれません)