Persephoneカシオペヤ座η

*

NexImage5による重星撮影の第11弾です。伴星が7.4等と暗いのですが、ビニング2で映り込んでいるのが見られました。カシオペヤ座ηは太陽系から19.42光年の近距離にある連星系で、主星は太陽類似の黄色矮星、伴星は橙色矮星です。周期480年の連星で、両星間の平均距離は71auですが、離心率が0.497と大きいために、近星点で36au、遠星点で106auとなります。太陽系の中心に主星を置いたとすると、伴星は近日点で海王星・冥王星のあたりまで接近する準惑星エリスのような軌道を描いていることになります。

#42119
2017年9月3日 21時49分0秒 露出 5秒
東京都練馬区
望遠鏡:ビクセン イカルスD60L(旧シリーズ)
カメラ:セレストロン NexImage5
910mm
Animation Shop 3 フレーム抽出 RegiStax6 スタック処理とウェーブレット処理 PaintShopPro7 色調整、トリミング等
元の動画の1フレームを取り出してきたのが上段の画像で、中段がスタック処理とウェーブレット処理をした後の画像で、下段がPaintShopPro7で余分な光点を取り除いた後の画像です。左側がビニング2、右側がビニングなしで撮影した画像です。 T=1/5秒、52fpsで撮影した動画から、それぞれ、1747枚中260枚、359枚中99枚をスタック処理に使ったので、露出に換算すると、それぞれ5秒、1.9秒となります。