PbOM57 Apr.2014

*

35mm版換算で焦点距離2000mmを超えますが、それでも小さくしか写りません・・・レデューサを外しても良いかもしれません・・・数コマ撮影した中の1コマが良く写ってましたので処理してみました。露出は30秒でも十分な様でISOを下げても大丈夫の様にも思います。IR改造してないので青っぽく写っていますが、外周は赤く、これは窒素の輝線スペクトルに起因するそうです。(片山 徹)

#20138
2014年4月27日 3時37分49秒 露出 30秒
30sec×1
静岡県 伽藍山
望遠鏡:ビクセン VISAC
カメラ:キヤノン EOS Kiss X4
ISO6400、VISAC(1800mm F9)+純正レデューサ(1278mm F6.4)、WB太陽光、長時間NRオフ/高感度NR標準、ビクセンSXP赤道儀で恒星時ガイド
1800mm
StellaImage7でカメラが生成したJPEG画像1コマを処理、Photoshop5.0も使用、星雲付近をトリミングで上が北となります。
4/26に伽藍山で小林氏(PbO)と片山(PbO)で共同撮影からの9thリリースです。時々ガスに包まれながらの撮影でしたがVISACで薄明開始前、最後に惑星状星雲M57に向けました。