□

□

□

□

これから天体写真を始める人向けに星景写真の撮り方を解説

「デジタルカメラ星景写真撮影術 プロに学ぶ作例・機材・テクニック」

判型、ページ:A4変型判(ムック)、カラー128ページ
写真・解説:中西昭雄、星ナビ編集部
編集・発行:株式会社アストロアーツ
発売:株式会社KADOKAWA

定価:2,160円(税込)  送料:400円

商品に関するご質問はこちらでどうぞ

デジタルカメラの高感度化により誰でも気軽に撮影できるようになった「天体写真」。もっともシンプルで初心者でも始めやすい固定撮影による「星景写真」の撮影方法をわかりやすく解説します。

撮影する際に理解しておきたい季節の星空や日周運動など夜空の基礎知識、カメラやレンズの選び方、露出やISO感度、記録画質、ホワイトバランスなどのカメラの設定やピント合わせ方などについて解説。使用するレンズや対象天体、露出時間、構図など、星景写真撮影のスペシャルテクニックも紹介します。

主な内容

◯星空写真スペシャルギャラリー 宙と大地と

○星景写真への誘い

◯第1部 星景写真を撮りに出かける

天体写真の種類/空のきれいな暗い場所へ/普通のカメラで撮れる/星を撮るためのカメラの設定/ロケハンと構図の決定/最難関のピント合わせ/さまざまな表現で星景写真を楽しむ

◯第2部 星景写真の基礎知識

星空の基礎知識

日周運動と北極星/露出時間と星の軌跡の長さ/空の明るい場所と暗い場所/撮影時刻と空の明るさ/季節の星座と年周運動

いつ、どこに撮りに行く

撮影に適した場所/いつ、どこに撮りに行く?/天文ペンション/宿泊もできる公開天文台/車で撮影に出かける/鉄道やバスで出かける

カメラと機材を選ぶ

マニュアル操作がしやすいカメラが最適/イメージセンサーと高感度時の画質/高感度特性について/星景写真用のレンズ/焦点距離8mm・15mm・24mm・35mm・50mm・85mm・200mm/高級レンズと普及レンズ/サードパーティー製レンズとメーカー純正レンズ/単焦点レンズとズームレンズ/星景写真用の三脚/星景写真用の雲台/その他のアクセサリー

カメラの設定

露出モード/ISO感度/ISO感度と画質の関係/星景写真の記録画質/液晶モニターの明るさと色/ホワイトバランス/フォーカスモードはMF 手ブレ補正はOFFに/絞りの効果

ロケハンと構図の決定

昼間のロケハン/パソコンで星景写真の構図を考える/水平出し/カイロまたは電気ヒーター/レンズフード

さあ、撮影しよう

露出を決める/ピント合わせ/ミラーレスカメラの構図合わせ/星景写真の適正露出/星の軌跡をコントロール 露出時間の戦術と戦略/フィルターによる作画の工夫

写真調整をしてみよう

星景写真に画像調整は必須?/写真調整の基本は、レベル調整とトーンカーブ/露出不足を解消し夜空の色を直す/写真調整を極める

◯第3部 星景写真スペシャルテクニック

広角レンズで撮る/超広角レンズで撮る/対角線魚眼レンズで撮る/円周魚眼レンズで撮る/望遠レンズで月と風景を撮る/コンパクトカメラで撮る/横構図と縦構図/季節のモチーフとともに撮る/明け方・夕方に撮る/月を入れた構図/稜線を入れた構図/地形や木々を活かす/シンメトリー構図/雲を活かす/月明かりを活かす/町明かりを活かして印象的に/月明かりを使ったシルエット撮影/短時間露出の活かし方/長時間露出の活かし方/景色とともに流星を撮る/景色とともに日食を撮る/景色とともに月食を撮る/コンパクト赤道儀で追尾撮影/都会の空で比較明合成/ソフトフィルターを使う/人工の明かりを使う/海外に出かけて撮る/オーロラを撮る/大彗星、現れないかな?

付録

「ステラナビゲータ10」でシミュレーション 星景写真の撮影計画を立てる