□

□

□

□

□

□

季節の花がきれいに撮れる

「デジタルカメラ花の撮影術 プロに学ぶ作例・機材・テクニック」

判型、ページ/A4変型判(ムック)、カラー128ページ
写真・解説/田中 博、鈴木康夫、並木 隆、萩原史郎、萩原俊哉、吉住志穂
編集・発行:アストロアーツ
発売:角川グループパブリッシング

定価:2,160円(税込)  送料:400円

商品に関するご質問はこちらでどうぞ

花の撮影を行うときの露出補正、ISO感度、シャッター速度設定、ピント合わせなどカメラの基本操作を解説。花撮影が得意の写真家が構図、ボケの作り方、光のコントロール、日中シンクロ、ホワイトバランス、空・雲・水の取り入れ方などのテクニックを紹介。マクロレンズを中心に標準、望遠、広角、魚眼など各レンズの特徴を活かした作例も満載のムックです。

カメラの操作、テクニックをマスターして花の撮影にチャレンジ!

主な内容

第1章 四季の花ギャラリー

サクラ/ハクモクレン/モモ/カタクリ/チューリップ/タンポポ/ナノハナ/シバザクラ/シャガ/ポピー/フジ/レンゲツツジ/クリンソウ/ラベンダー/シロツメクサ/スイレン/アジサイ/ハナショウブ/ヤナギラン/ハス/ユリ/コマクサ/チングルマ/ニッコウキスゲ/ヒマワリ/キキョウ/オヤマリンドウ/アザミ/マツムシソウ/ワレモコウ/ススキ/バラ/ソバ/ヒガンバナ/紅葉/コスモス/コウテイダリア/ロウバイ/アロエ/スイセン/パンジー、ビオラ/ウメ/セツブンソウ/スノードロップ/クリスマスローズ/ツバキ/フクジュソウ/温室の花

第2章 花撮影とカメラの基本操作

花の撮影に向いたカメラ/フルオート設定から抜け出そう/露出モードは基本中の基本/絞り、シャッター速度、ISO感度/絞りの大切な役割/シャッター速度の大切な役割/ISO感度を使いこなそう/測光モードを試してみよう/露出補正はどんどんやってみよう/AFとMFを使いこなそう/AFエリア(ポイント)の選択/AFとMFで撮り比べる/拡大MFで撮る/手ブレ補正機能を活用しよう

第3章 花撮影 スペシャルテクニック

いろいろな構図/順光、逆光、サイド光、斜光、やわらかい光/暗い背景と明るい背景/太陽を取り込む/日中シンクロを使う/ボケをつくる4つの要素/いろいろなボケ/造形的に切り取る/空や雲をうまく取り入れる/水滴へ映り込む花/水面への映り込み/スローシャッターを使う/昆虫とともに撮る/効果的なホワイトバランス/デジタルフィルターを使う/パノラマ写真で遊ぶ/多重露光を使う

第4章 いろいろなレンズと機材

標準ズームで撮る/マクロレンズはここが凄い/マクロレンズの種類と使い分け/標準マクロで撮る/中望遠マクロで撮る/望遠マクロで撮る/高倍率マクロで撮る/望遠ズームで撮る/広角ズームで撮る/魚眼レンズで撮る/コンバージョンレンズで撮る/テレコンや中間リングを使う/フードやフィルターを使う/三脚と雲台を使う

第5章 花図鑑にチャレンジ!

草花を撮る タチツボスミレ/樹木の花を撮る ホオノキ/小さな花をマクロレンズを撮る/いろいろな葉を撮ってみよう/冬芽や「顔」のような葉痕を撮ろう/いろいろな木の幹を撮ってみよう/サクラや季節の変化を定点で撮る/図鑑写真の機材について

コラム

☆わたしの花道 Part1 吉住志穂 並木 隆/花撮影に便利な可動式背面モニター&EVF/絞りと画質/フォーカスリミッターって何?/ハイキー、ローキー写真を撮ってみよう/撮像素子の大きさの違いによるボケの違い/☆わたしの花道 Part2 萩原史郎 萩原俊哉/撮像素子による写る大きさの変化/ワーキングディスタンスと撮影距離/花の撮影に使いやすい雲台とは/花のつくりと名称/葉のつくりと名称/図鑑には種の区別ができる写真が必要/ネットにオリジナルの「花図鑑」を公開しよう/☆わたしの花道 Part3 鈴木庸夫 田中 博