(2021年12月号 表紙)

「月刊星ナビ 2021年12月号」

2021年11月5日(金)発売

特別定価:1,300円(税込)  送料:150円

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

定期購読のご案内 タブレットやPCで読む電子版のご案内

★主な内容(詳しくは → 紹介ニュース

綴じ込み特別付録「星空カレンダー2022」
表紙
□
5月、6月のカレンダー
□
魅惑の赤い星雲 ときめくHII領域 解説/村 建

天体撮影ファンにも人気の赤い星雲・HII領域。名前の由来、なぜ光っているのか?など天文学的な面白さについて解説する。

君と過ごす眠れない夜 能登の星が結ぶ高校生2人の物語『君は放課後インソムニア』

不眠症に悩む2人の高校生が主役の天文部マンガ『君は放課後インソムニア』。作者にうかがった話を交えながら、天文ファン視点で作品の見どころを紹介する。

Deepな天体写真 市街地で星雲撮影3 アクロマート三連装で星雲撮影 解説/あぷらなーと

天体撮影では口径が大きいほど対象を大きく明るく撮影できるが、口径が大きい望遠鏡ほど値段が高い。今回は、安価なアクロマート屈折望遠鏡を星雲撮影用に転用する方法を考えていく。

ステライメージLiteを現役高専生が使ってみた レポート/はたけ

「ステライメージLite」は使いやすい機能が手頃な価格で揃う天体画像処理ソフト。日頃から撮影を楽しむ現役高専生が使ってレポートする。

エーゲ海の風26「ギリシア神話とローマ神話の密な関係」 解説/早水 勉

星座の神話は「ギリシア神話」が定番だが、続く古代ローマにもその神話は引き継がれている。古代ギリシアと古代ローマ神話の関係を見ていこう。

12月の注目天文現象 拡大版 解説/あさだ考房

11月19日の「ほぼ皆既の部分月食」や地球接近中のレナード彗星、12月のふたご座流星群、火星食と見逃せない天文現象を解説。

Topics & Reports 驚きの中学生自由研究 マウナケア山ライブ動画でペルセ群突発出現を記録 紹介/井上 毅

今年のペルセウス座流星群は、極大の1日後に突発出現が起こった。マウナケア山のライブ中継動画を使って流星の様子をまとめた、中学生による自由研究を紹介。

■
魅惑の赤い星雲
(© ESO)
■
君は放課後インソムニア
(© オジロマコト/小学館)
■
アクロマート三連装
■
ベピコロンボ
(© ESA/ATG medialab)
■
ギリシア神話とローマ神話
(撮影/AMANO Jun-ichi)

★News Watch

★コーナー連載

星ナビ.com