(2021年9月号 表紙)

「月刊星ナビ 2021年9月号」

2021年8月5日(木)発売

定価:1,080円(税込)  送料:150円

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

定期購読のご案内 タブレットやPCで読む電子版のご案内

★主な内容(詳しくは → 紹介ニュース

8年ぶりの好条件 ペルセ群出現予想 何個見える?流れ星 解説/佐藤幹哉

2021年のペルセウス座流星群は8年ぶりとなる最高条件。一体何個の流星群が流れるのか、様々なファクターを検討しつつ予想してみよう。

赤道儀で追尾して比較明合成 流星群の放射点写真を作る 解説/川村浩輝

今年のペルセウス座流星群は、好条件で流星雨を撮影する大チャンス。Photoshopを使った、流星群写真の画像処理の手順を解説する。

新発見と深まる謎 ALMA魂の10年 解説/平松正顕

初期観測から今年で10年を迎えるアルマ望遠鏡。新しい成果をあげ続ける一大プロジェクトの軌跡と、宇宙の謎に挑み続ける姿を紹介。

天体撮影お悩み相談 第2回 星像のピント合わせをマスターしよう 紹介/窪田 光

天体撮影で起こりがちな悩みを、事前に知っておけば失敗も減らせるはず。今回は「星像のピント合わせ」に関する悩みを解消しよう。

エーゲ海の風24「有名星座のウソ・ホント!?ギリシア神話の定説検査」 解説/早水 勉

現在の星座解説書に記されている神話・伝承の中には、信頼に乏しいものや誤ったものがある。よく知られた星座の中にも意外な事実が隠れているかもしれない。

■
流れ星何個見える?
(撮影/佐藤幹哉)
■
観測開始から10年
((c) 国立天文台)
■
関勉さんと彗星
■
天狗高原の星ふる宿
■
「星のせっけん」を作ろう
■
星座神話のウソ・ホント

★News Watch

★パオナビレポート

★コーナー連載

星ナビ.com