(2021年4月号 表紙)

「月刊星ナビ 2021年4月号」

2021年3月5日(金)発売

定価:960円(税込)  送料:150円

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

定期購読のご案内 タブレットやPCで読む電子版のご案内

★主な内容(詳しくは → 紹介ニュース

近づく、離れる、隠される ガリレオ衛星の相互現象 解説/相馬 充、沼澤茂美

木星には小型望遠鏡でも容易に見える4つのガリレオ衛星がある。2021年はこのガリレオ衛星相互の「食」と「掩蔽」という特殊な現象が見られる年。観望や撮影の仕方、現象の見どころをまとめた。

「ステライメージ9」撮影画像でセルフフラット補正 解説・作例/谷川正夫

天体画像処理ソフトウェア「ステライメージ9」には撮影画像をもとにフラットフレームを自動作成してフラット補正を行う新機能「セルフフラット補正」が搭載された。実際の手順を踏みながら使い方を詳しく解説する。

「はやぶさ2」ミッションレポート#18 サンプル取り出し作業は順調に進行中 解説/中野太郎

リュウグウのサンプルは真空環境から窒素環境に移され観察・計量が行われている。最新の状況を紹介する。

天文コミュニティのニューモデル 宇宙×VRでつながろう 案内/ろれる

仮想現実「ヴァーチャルリアリティ(VR)」の流れが天文・宇宙コンテンツにも広がっている。「VRChat」を使って宇宙を楽しむ取り組みを紹介。

エーゲ海の風20「キャラ立ち魔女の個性は古代ギリシアの社会を映す鏡」 解説/早水 勉

ギリシア神話に多く登場する魅力的な魔女たち。彼女たちのストーリーには古代ギリシアの女性たちの社会的な立場が反映されている。神話に登場する主な魔女たちをピックアップしながら解説する。

マユコの星ナビch 突撃!ラボ訪問 file8 アルマ望遠鏡で見る衝突銀河! そしてコロナ禍の研究者の本音 紹介/マユコ

天文大学院生YouTuberの「マユコ」が天文学者に突撃インタビュー! 今回のゲストは電波天文学が専門の研究者。YouTubeチャンネル「アスナロサイエンス」では、記事のこぼれ話もお届けする。

10年目の星空調査 見上げてわかる、自分の町と自然のこと 報告/高橋 進

滋賀県多賀町で2010年より行われている、小・中学生による星空調査について紹介します。

■
セルフフラット補正
(撮影/谷川正夫)
■
宇宙×VRでつながる
■
ギリシア神話の魔女たち
■
オンラインで「宇宙県」イベント
■
切手「天体シリーズ」完結

★News Watch

★コーナー連載

星ナビ.com