(2021年1月号 表紙)

「月刊星ナビ 2021年1月号」

2020年12月4日(金)発売

特別定価:1,200円(税込)  送料:150円

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

定期購読のご案内 タブレットやPCで読む電子版のご案内

★主な内容(詳しくは → 紹介ニュース

綴じ込み特別付録「星空ハンドブック2021」
表紙
□
1月の星空と天文カレンダー
□
暮れる2020年×明ける2021年 星のゆく年くる年

もうすぐ2020年が終わり、2021年が始まる。この一年で見上げた星空や天文トピックをひとまとめしながら、新しい年の星空に思いを馳せる特集。

ネオワイズ彗星と火星準大接近に沸いた2020年 解説/谷川正夫・中野太郎・塚田 健・川村 晶

7月のネオワイズ彗星や、火星準大接近、「はやぶさ2」の活躍。コロナ禍でも熱く盛り上がった2020年の天文イベントを、現象、天文学・宇宙開発、天文普及、望遠鏡・カメラの4カテゴリで振り返る。

5月&11月の月食や8月のペルセ群が注目の2021年 解説/浅田英夫

2021年に起こる惑星たちの接近や、流星群の出現予想などを総まとめ。2021年は「月食の当たり年」で、5月に皆既月食、11月にほぼ皆既の部分月食が見られる。

「はやぶさ2」ミッションレポート#15 カプセル大気圏再突入 解説/中野太郎

いよいよ12月6日に地球に帰還する「はやぶさ2」。帰還に向けたラストスパートとカプセルの着地・捜索について紹介する。

速さが創造力をサポート 天体画像処理ソフトウェア「ステライメージ9」 紹介/窪田 光

天体画像処理に特化した「ステライメージ9」(12月21日発売予定)がよりパワフルにアップグレード。画像処理の高速化や新機能「セルフフラット補正」などのソフトの魅力を紹介する。

木星と土星が夕空で超接近 今月の注目スペシャル 解説/浅田英夫

12月21日、22日に木星と土星は0.1度まで接近する。約60年に一度の見逃せないツーショットの見え方や観測方法等について解説する。

マユコの星ナビch 突撃!ラボ訪問 紹介/マユコ

天文大学院生YouTuberの「マユコ」が天文学者に突撃インタビュー! 今回のゲストは宇宙工学が専門の研究者。YouTubeチャンネル「アスナロサイエンス」では、記事のこぼれ話もお届けする。

ふたご座流星群を観測して母天体ファエトンの活動を探る 解説/阿部新助・荒井朋子
小惑星による恒星食 2020年の成果と2021年の注目現象 解説/早水 勉
追悼 ほうおう座流星群を観測した中村純二さん 寄稿/佐藤幹哉・原智子
■
「はやぶさ2」帰還
(作成/上坂浩光(LiVE))
■
2021年は月食イヤー
(撮影/沼澤茂美)
■
ガラスで作る宇宙
■
マユコラボ
■
シゴセンジャー電車

★コーナー連載

星ナビ.com