(2019年11月号 表紙)

「月刊星ナビ 2019年11月号」

2019年10月4日(金)発売

特別定価:1,200円(税込)  送料:150円

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

定期購読のご案内 タブレットやPCで読む電子版のご案内

★主な内容(詳しくは → 紹介ニュース

世界の星絶景6 自分だけの星空を求めて

4人の作家が、自分だけの夜空を探して旅した風景と星空を集めました。毎年11月号恒例、大人気特集の第6弾です。

  • 「夜の命と星の光」 高砂淳二
  • モロッコ「青いメディナを包む星空」 谷川正夫
  • アイスランド「氷と火と極光」 畑 英利
  • カンボジア「遥かなり星のアンコールワット」 川口雅也
チャレンジ星景写真3「マッハの邂逅 月と太陽×飛行機を撮る」 写真・文/正根寺功有

飛行機と月や太陽が交わるその瞬間は、綿密な計画によって作り出すことができます。天体と飛行機のコラボレーション写真の撮影のために必要な計画の立て方を、実際の作例を交えながら紹介します。

星景写真のRAW現像1「星景写真のRAW現像を始める」 解説・作例/茂手木秀行

RAWデータで色調やコントラストを変化させ、一般的なファイル形式にすることを「RAW現像」と呼びます。第1回目である今回は、RAWとJPEGの違い、ヒストグラムによる撮影データの読み方など、撮影の前に知っておきたい基本項目をまとめました。

中判ミラーレスの実力「富士フイルムGFX100」 解説・作例/中西昭雄

天体写真ファンにとって魅力的な仕様として話題の富士フイルム「GFX100」。オーストラリアでの作例を元に、開発者のインタビューを交えてお伝えします。

Deepな天体写真「都会で星雲を撮る4・『ステライメージ8』でセルフフラット補正」 解説/上山治貴

都会では、実際の星空を撮影してフラット画像を得る「スカイフラット」がうまく適応できないことが多いので、「ステライメージ8」で作成する「セルフフラット」を用いた光ムラの補正テクニックを紹介します。

エーゲ海の風ー第11回「肉体美への目覚め 古代ギリシアの彫刻家たち」 解説/早水 勉

ギリシア彫刻はその多くがギリシア神話をモチーフとして作られています。その発展や変遷から、星座神話の広がりを感じてみましょう。

■
アイスランドで見上げた星空
(撮影/畑 英利)
■
飛行機と月が重なる瞬間
(撮影/正根寺功有)
■
高専生が作るレンズ式プラネ
■
開発者が語る中判ミラーレス
■
彫刻から感じる古代ギリシア時代

★News Watch

★Topics & Reports

★パオナビニュース

★コーナー連載

星ナビ.com