(2017年2月号 表紙)

「月刊星ナビ 2017年2月号」

2017年1月5日(木)発売

定価:820円(税込) 送料:150円

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

定期購読のご案内定期購読のご案内

★主な内容(詳しくは → 紹介ニュース

アストロバイオロジー最前線「宇宙に生命を探す」 解説/梅本真由美・田村元秀・山岸明彦・矢野 創

21世紀に入ってからの相次ぐ新発見により、地球外生命はいまや最先端科学が真剣に取り組むべき最重要テーマへと浮上した。人類と地球外生命探査の歩みを振り返るとともに、最新の成果と展望について、第一線の研究者に語っていただいた。

ステラショットで狙い撃ち「女子大学生が撮影&デジタル星見」 レポート/井上文乃・坂本詩歩

天体写真を撮りたいと思っても、ビギナーにとってはいくつもの難関が立ちはだかっている。玉川大学の女子学生二人は先生のアドバイスを受けながら「ステラショット」を使いこなし、自分たちだけで次々と天体を写すことができるようになった。

日食カウントダウン 8月21日まであと7か月「貴重なアメリカ横断皆既日食」 解説/石井 馨

夏休み中の現象ということと、皆既食帯が日本から比較的行きやすいアメリカ合衆国を横断していることから話題となっている「アメリカ横断皆既日食」。しかもこの日食以降は、観測条件が良く、なおかつ日本から行きやすい場所での皆既日食がしばらく起こらない。

星の都の物語〜パリに天文学の足跡を訪ねて 第8回「パリで花ひらいたアジアの天文学史」 案内/廣瀬 匠

近代フランスの天文学者たちはしばしば、インドや中国などの伝統的な天文学についても研究対象としている。彼らが東に目を向けたきっかけは十人十色だが、おかげでフランスとアジアは「天文」でつながっている。

星の写真調整30「補習3−RAW現像の実際」 解説/中西昭雄

RAW画像はポテンシャルが高く、強力な画像処理を加える星雲・星団写真には最適ですが、そのためには適切な「現像処理」を行う必要があります。RAW現像と、その前に行う一次処理を解説します。
「デジカメで撮ってステライメージで仕上げる 星の写真調整」動画解説と画像サンプル

■
注目される赤色矮星の惑星
(© NASA/JPL-Caltech)
■
ステラショットで星あそび
■
今後10年間の皆既日食
■
宇宙に一番近い県

News Watch

★コーナー連載

星ナビ.com